たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術

  • KADOKAWA
3.11
  • (6)
  • (13)
  • (55)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 397
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017611

作品紹介・あらすじ

ノートの企画・販売において最高の歴史と実績をほこる、コクヨがおとどけするノート活用のハック集。
方眼・横線・無地、3種のノート本来の活用方法と、コクヨ社員自らが実践する「成果があがるノートの技術」100メソッドを本邦初公開!

【本書のポイント】
■ノートの販売数は減っていない!みんなまだまだノートが必要という事実。
デジタル・モバイル全盛時代なのに、ノートの販売数は年々増え続けていて、コクヨだけでも年間1億冊のノートを販売しています。
ノートこそ、私たちの仕事や人生の武器になるアイテムなのです。

■日本で一番ノートを売っている会社の人のノートってどんなもの?
アイデアをメモしたり、記録をまとめたり、記憶を残したり、プレゼン資料の準備としてまとめたり……。
日々の仕事や人生において、私たちを助けてくれるノート。
その商品を日本一売っている会社の人たちのノートには、どんな秘密や工夫が隠されているのか・・・・・・!?
そんな疑問から、本書ができあがりました。
今回、コクヨ全面協力のもと、日々使用しているノート100冊を集め、公開することに成功。
ノートの内容はもちろんのこと、付箋やペンなど、多彩で多様な活用法が全編フルカラーで読めます!

【目次】
はじめに 
Prologue ノートで仕事は「シンプル」になる
~あなたの仕事・人生のサポーターとなる3つのポイント

section1 方眼ノート ~シンプルメソッド50

・疑問や重要事項は吹き出しで明示
・案件ごとに1ページにまとめる
・ノートをタテに3分割して使う
・ブロック単位に記述して構造化する・・・・・・etc


section2 横線ノート ~シンプルメソッド30

・走り書きはメモ用紙ではなく、ノートの終わりから
・マスキングテープでノートを拡張する
・企業名と個人名は略語でスピードアップ・・・・・・etc


section3 無地ノート ~シンプルメソッド20

・必要と気分に応じて、タテにヨコに使う
・ページの色味で内容を判別する・
・右ページをメインに使う・・・・・etc

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数あるノート術の本に対する不満は、書いてあることはわかるけど実際のノートがどのようになっているのかわかりにくかったこと。この本ではコクヨの社員が実際に使っているノートの写真が各ページにカラーで紹介されているので文章で書かれていることがとてもよくわかります。画期的といってもよい。唯一の不満はコクヨでどのような仕事をしている人がこのようなノートを使っているのかが、少しわかりにくいこと。ノート術の本のお手本といっておきます。

  • KOKUYOの社員さんが実践してるノート術の紹介。
    ノート術に興味があるので購入。
    ノートの写真が大きくあり文章は少なめなので、パラパラ読める。

    全部を真似するのは難しいが、真似したいと思ったところを真似して取り入れたい。

  • 読了20180224

  • コクヨ社員が実践しているノート術やノート選び方が紹介されている本。
    あまり参考にならない内容や、昔から自然と実践していたポイントも見られたが、「これはやってみたい!」というノート術がいくつもあった。
    ノートを取るモチベーションをあげてくれて、結果的に仕事のレベルアップに繋げてくれる一冊。

  • コクヨ社員のノートの羅列。自分も仕事でこんなノートを作ることができたらいいな、という知的意欲は刺激されるものの、タイトルにあるノート術を学べる内容とはいいがたい。

  • 人のノートとか見てるだけで楽しい。もっといろいろノートに書いてアウトプットしていきたい。

  • 「コクヨの社員さんたちが、どんなノートの使い方をしているのか」を写真とともに紹介する本。

    人のノートの使い方に興味が尽きない私にとって、夢のような本だった。
    そういう使い方もあるのか、という驚きが多く、ページをめくるのが楽しかった。
    仕事関係での使い方が多く、実際に真似できそうなものは少なかったけれど、テイストだけでも真似できそうなものは参考にしていきたい。

  • うーん。
    趣味的なノートばかりみてたときはもっと仕事にも使えるのとかを読みたいとおもったのに、いざ仕事に使えるノート術の本をみたら、結局ペンの使いわけくらいしか、今の私に使えるノート術はなかった。ペンの使い分けは、打ち合わせはボールペン、考える時は万年筆、とか。あとサインペンで書くと気持ちいいぞ、とか。
    本当はいいのも載ってるのに、いまいちわかりにくいイメージなのは、紹介されているのが多すぎることと、並べているだけだからいまいちなイメージしか残らないのかなと思う。

  • 20171224 さすがにコクヨの社員の方は文房具へのこだわりはすごい。ノート術としても参考になるが気になった術は試したくなるので、商売も上手た。会社に置いて皆で参考にしたい。

  • 様々なノート術が満載です。方眼タイプ、罫線タイプ、無地タイプの使い分けがわかる。
    事例のアイデア出しやイラストがとてもキレイ。

全36件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1905年創業。文具、事務用品を製造・販売するステーショナリー関連事業と、オフィス家具、公共家具の製造・販売、オフィス空間構築などを行うファニチャー関連事業、オフィス用品の通販とインテリア・生活雑貨の販売を行う通販・小売関連事業から成る。オフィスをショールーム化した「ライブオフィス」や、業界でいち早く「フリーアドレス」を実施するなど、生産性をあげる取り組み提案や商品開発を多数展開。クリアファイルやペンケース、収納ラックやデスクにいたるまで、業務効率を高める商品は評価が高い。

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術のその他の作品

コクヨ株式会社の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッチェン・ル...
リンダ グラット...
メンタリストDa...
土橋 正
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術を本棚に登録しているひと

ツイートする