お客様は「えこひいき」しなさい! 3倍売れる「顧客差別」の方法 (中経の文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017635

作品紹介・あらすじ

会社の売上の75%は、売上上位わずか3割のお客が支えている。本書では、会社の利益に大きく貢献する客を見つけ出す方法や、優良客があなたの会社にはまっていく方法、口コミを生み出す方法などを詳しく紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルの期待どうりの内容。この理論を実践するのは現実には難しいとは思うが、できなければその会社や店舗がジワジワ弱るだろうと推測できる。

  • ・大事なお客様を決める指標は「一定期間の累計売上高」を用いる

    ・4つの客層
     「ファン客層」・・・上位10% → ビッグデータとして売上げの45%を占めていることが多数
     「得意客層」 ・・・次の20% → ビッグデータとして売上げの30%を占めていることが多数
     「浮遊客層」 ・・・次の30%
     「試用客層」 ・・・下位40%

     上位30%のお客様で、売上げの75%を占めている事例が多い。
     >一度自社でも検証の必要あり。

    ・リッツカールトンでは、お客様から何らかの情報を入手した場合、すべて報告が義務付けられている。
     報告された情報は、すべて本社に送られて、コンピュータに登録。これにより世界中どこのリッツカールトンに泊まっても、一瞬にして情報が手に入る。
     これにより特別な言葉をかけることができる。(例:息子様の大学合格おめでとうございます。当店のFIXソファーで、一人暮らしを快適に過ごされていますか?)

    ・えこひいきシステムの代名詞は、航空会社。
     マイル2倍、荷物が優先に出てくる、空席待ちの優先、専用ラウンジが使えるなど。

     空席待ち は、リセノでも再入荷商品の優先引き当てなどで活用できるかも。

     JALマイレージバンク サービスステイタス一覧
     https://www.jal.co.jp/jalmile/flyon/status.html

    ・ランクアップシステム
     お客様のランクに合わせて、接客・サービスを変える。

     成功の秘訣は、ランクごとのえこひいきを、いかに興味深く差別化するか。
     
     リピーター活用からの売上UP施策

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1971年生まれ。顧客管理士事務所「3×3JUKE」代表取締役。元東芝ITコントロールシステム所属。20年間、飲食店・美容院向け顧客管理ソフト・顧客戦略支援ツールの企画・販売に携わる。入社数年は“売れない営業マン”だったが、その後「基本給の5分の1」を自己投資し、短期間で経営ノウハウを習得。それを顧客管理ソフトに組み込み、既存クライアントに提供したところ、売上拡大店が続出。そのノウハウを全国に伝えていきたいと、独立。飲食店や美容院を中心に、店の「顧客戦略立ち上げ支援」「販売促進サポート」を行う。

「2016年 『お客様は「えこひいき」しなさい! 3倍売れる「顧客差別」の方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お客様は「えこひいき」しなさい! 3倍売れる「顧客差別」の方法 (中経の文庫)のその他の作品

高田靖久の作品

ツイートする