大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

著者 : 高橋伸夫
  • KADOKAWA (2016年9月18日発売)
3.03
  • (2)
  • (6)
  • (14)
  • (5)
  • (2)
  • 237人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017659

作品紹介

エリート東大生たちが学ぶ経営学とはどのようなものなのか。20年以上東京大学で教鞭をとる著者がその講義のエッセンスを本書で公開する!

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 経営学がざっと概観できます。
    これをもとに、さらに他の本を読んで、深めていくと分かりやすいですね。
    初心者のガイドブックとしては良いと思います。
    細かい単元があり、どこから読んでも良いですね。

  • 経営学の様々な内容をサラッと触れる形。サラリとしすぎてて各項目があまり理解できなかった。

  • 確かに内容自体は10時間もかからずに読み切ることができるが、この内容が本当に大学で学ぶ経営学なのかは疑問。
    内容はかなり表面的であった。
    ・意思決定=問題解決ではなく、「見過ごし」や「やり過ごし」も意思決定の一部である。「見過ごし」とは、問題を全て解決することなく、「見過ごし」て解決したことにしてしまうこと。「やり過ごし」とは、今起きている大きな問題も自然と消えてしまう場合があること。負荷を多く抱える人ほど、「問題解決」に比べて「やり過ごす」割合が増える(「見過ごし」は一定)。
    ・仕事に対する動機としては「達成感(内的動機付け)」が適しており、この場合はある程度困難なことにもチャレンジする。一方、「お金(金銭的報酬)」が動機になってしまうと、できるだけ容易な道を選ぶようになってしまう。
    ・達成感、承認、責任、昇進といったものは満足をもたらす「動機づけ要因」だが、給与や作業条件などは満足を予防するための「衛星要因」である(動機づけ衛星理論)。
    ・普遍的に優れているリーダーシップの特性やスタイルなどは存在しない。ある状況では優れたリーダーも、別の状況ではそうではない。適切なリーダーシップは状況によって異なる。
    ・スマイルカーブ(価値連鎖の中で、両端にある製品企画開発/アフターサービスよりも、中央に位置する機器の製造などの方が付加価値(収益性)が低い)に従い、先進国企業は、収益性の低い部門をEMSにより海外にアウトソーシングする一方で、経営資源を製品企画開発やアフターサービスなど、自社の重点分野や得意分野に経営資源を集中させた。これが、アジアが「世界の工場」になった背景の一つと言われる。(一方で付加価値を見いだせなかった日本のメーカーは力を付けた「世界の工場」に負けてしまった)

  • 経営学の内容をさっとまとめた本。これまでいろんなところで聞いてきた話は、大学で学ぶ内容だったのね、と納得。

  • 経営学とはどのような学問であるかがざっと分かる。但し、内容は入門の域を出ないため、詳しく知りたい人には全体的には物足りなさを感じるだろう。

    自分としては学生時代に学んだことの復習にはなったが、ビジネスで活かすためには、もう少しひとつひとつの深掘りが必要になりそうだ。
    各項目の説明が少ないため、この本だけでは理解できない項目があるからだ。

  • トピックが当たり前のようにほぼ時系列順に並んでいると経営学は進化しているように思える。

  • Yotsuya

  • こちらもそれなりに重要なポイントがコンパクトにまとまっているが、経済学の方ほど目から鱗という感じではなかった。
    学問体系の違いということなのかも知れない。

  • 前半のミクロ経済学はわかりやすいが、初めての人にとっては、後半のマクロ経済学は難しい気がする。

  • 大学で履修する経営学について用語とその解説を書いた一冊。

    見開きで文章と図解という構成になっており、読みやすい内容となっており、企業が経営において考えるべき理論を理解することができました。

    日本企業と経営学の歩みや労働と報酬の連動性など普段の生活の事象が経営学の観点から捉えることができ、非常に有用な一冊であると感じました。
    特に特許取得の現実については考えさせられるものがありました。

    本書では著者の見解もふんだんに盛り込まれており、現代の経営についての見解の幅も広がりました。あとがきに書かれているように経営学はその時の時勢に応じて常に理想に向けて更新されていくものであり、数年後にはまた新しいものが生まれていくということを本書を読んで強く感じました。

全14件中 1 - 10件を表示

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べるのその他の作品

高橋伸夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べるを本棚に登録しているひと

ツイートする