世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法 (中経の文庫)

著者 : 斉藤淳
  • KADOKAWA (2016年11月12日発売)
3.45
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017703

作品紹介・あらすじ

ハーバード、プリンストンと並ぶ米名門校の教授法をベースに再構築!「目で見て・口を動かす」が「使える英語」の最短ルート。世界のエリートが実践している「語学習得の最短ルート」で誰でも英語をマスターできる。

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法 (中経の文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元イェール大学助教授が、英語を母国語としない人向けの「英語学習法」を綴った1冊。内容が具体的で、独学の参考になる。

    プロローグ 「英語、今度こそ!」というあなたに・・・
    チャプター1 世界の非ネイティブエリートは英語をどう学んでいるのか?
    チャプター2 世界の非ネイティブエリートがやっている発音習得法
    チャプター3 世界の非ネイティブエリートがやっている単語習得法
    チャプター4 世界の非ネイティブエリートがやっている文法習得法
    チャプター5 世界の非ネイティブエリートがやっている最強の英語勉強法
    チャプター6 世界の非ネイティブエリートは英語を「勉強」しない
    エピローグ イェールを辞めた私が、英語塾をはじめた理由

  • 本当に使える英語を身につけるために、本書で紹介されている勉強法はぜひとも取り入れていきたいです。

  • アマゾンの書評があまり良くなかったのでおっかなびっくりでしたが、結構ためになりました。
    英語で書かれた教材が載っているのがいいですね。また、随所でイェール大学でのメソッドが書かれていますが、多分他の米国有名大学でも同じ状況かと。でも、それはそれで役に立ちそうです。

  • 英語の勉強法について。
    自分がやっている勉強について、時々振り返ってみる目的で読んでいます。参考になる部分も結構ありますね。

  • 発音記号の勉強をまずしなきゃ!

    私は映画を見ることが好きなので、大好きなnetflix をみる時間をもっと増やして英語を勉強していこうと思う。

    英語で何かを学ぶ。それが大事だとわかった。将来的に欲しい資格があるので、それを英語で学ぶ環境にしたいと思う。また、日頃から英語と触れ合う時間を今の倍にしようと思う。耳を鳴らし、読む機会を増やし、そして、シャドーウィングをする。

    期間はまずは3ヶ月間。長い春休みにこれから入るので、追い込もうと思う。1年後にはTOEICを受けて目標点数以上が取れるように頑張ろうと思う。

  • やっぱり英語を完全に独学でやるのは根気がいりますね。
    生徒が一生懸命に英語を話している姿に刺激され、
    私も少しは英語に親しみたいと思うものの、
    う~~ん。

    発音記号をまずはきちんと勉強する。
    違う音だと認識する。
    まずはそこからですかね。

全6件中 1 - 6件を表示

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法 (中経の文庫)のその他の作品

斉藤淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
リンダ グラット...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法 (中経の文庫)はこんな本です

ツイートする