発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

著者 :
  • KADOKAWA
4.01
  • (31)
  • (50)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 431
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017772

作品紹介・あらすじ

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。同じ障害がありながら、いつも僕を信じて導いてくれた母。そしてアメリカの「発達障害」に対するおおらかな環境と、学んだ英語が自信を持たせてくれたこと。されて嫌なことを人にはしないと決めた、人として愛される生き方など。ADDの特徴である衝動性を抑え、苦手なコミュ力を克服し、モデル・タレント・役者として歩んできたこれまでの道のりを語る。母、主治医、友人・又吉直樹氏のインタビューも収録。誰もが輝けるヒントがみつかる!

<内容>
PART1 僕はADD(注意欠陥障害)
PART2 僕が輝く場所をみつけられるまで
PART3 僕が輝く場所をみつけられた理由
PART4 彼はなぜ輝く場所をみつけられたのか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 栗原類くんが出てきた時、とっても個性的ででも言葉が丁寧で、一瞬で応援したくなる存在になりました。
    発達障害だと知って納得できた事と、小さい頃からその為にいろいろ努力をしてきたんだなと知って、ますますファンになりました。
    お母さまがとにかく凄いですね。将来を見据えての子育て。

    こんなにまともな素晴らしい内容が書けるんだもん。私よりよっぽどしっかりした大人だなと感じました。

  • タイトルにちょっと語弊があるような……?
    内容は易しいし、親と主治医と友人がそれぞれから書いてるところがADDの一事例として読むのによい。
    最後の対談に「無理はさせない、けどそれは周りが可能性に蓋をすることかも」という旨が書いてあり、ああこれ難しいいうか奥深いことだな……と。関わる人にとって大事なテーマ。
    この本を読むにこの方はその無理というのをかなりしてきているほうだと思う。例えば乙武さんとかも。周りを日本の福祉職に固められてたら、ちょっとなかなかできないのではないかというような幼少期の経過があるかなと。でもそれで伸びるものがあるのも確かなのだろう、難しい。

  • 本当の事を言えば全てが解決するわけではない、そう思いながらも、こうして本当の事を書いてくれた作者に感謝です。
    そして…お母様に感謝です、というかお母様の考えも書いてくださって感謝です。情報の海で漕ぐ櫂がなく、常に自分は間違ってないか?違う方向へ進んでしまってないか?と、不安に思っていました。当事者の声はそうですが、幼児期に発覚して、その子をどうやって育てたら?と、思ってきた一人として、とてもとても、有難かったです。
    みんなと同じじゃないのに同じように振る舞う為に、努力しないとならない…その努力は大変なことです。
    それでも、希望を持って楽しく生きていけたら・・・そう思っています。

  • 漫画とかでちょこちょこ目にした程度で、あまり発達障害の方ご本人の著作って読んだことが無いのだけれど…。先に「栗原類」さんのキャラが認知されてから、障害についての情報が出て来た、つまり「発達障害”だけど”頑張った誰か」からの認知でない分、又吉さんも仰ってた通り、一個人としての類君の姿、言葉を通して何らかの扉を開けられる、という意味では凄くいい本だと思った。

    どなたかもレビューで書いてらしたけど、まあ、単純に外から見るだけなら結構なサクセスストーリーなので、これを基準にされても困る部分ももちろんあるけど、扉を開くという意味では凄くいいな、と。

  • ファッションモデルでテレビでも活躍する栗原類氏が自身の発達障害と向き合いながら現在までの半生と母親や主治医との付き合いについて書いた一冊。

    本書を読んで、氏が抱える障害が日常生活への支障があるだけでなく、健常者に比べてかなりのハンデがあるにも関わらず、テレビなどで活躍していることは本当に凄いことだと感じました。
    そして、よくある芸能人のエッセイ本とは一線を画す内容で発達障害の理解が深まる内容だとも感じました。
    また、母親の教育や生活面での指導が氏の人格の形成に大きく影響しているだけでなく、芸能界で信頼を得ている礎にもなっていると感じました。

    母親や主治医である高橋猛氏のインタビューそして友人である芸人兼作家の又吉直樹氏との対談も載せられており、子育てする母親の目線から見た発達障害との向き合い方や医学的見地からの見方など発達障害について様々な角度から知ることもできました。

    特に本書を読んで感じたのが、母親の泉氏が息子の障害と信念を持って真摯に向き合う姿が印象に残りました。
    その中でも相手の行動に対する情緒面の根本を教えたことが強く印象に残りました。
    自身のことを理解しながらそれに応えようとする氏本人の努力や素直な人柄も本書から感じ取ることができ、メディアを通したイメージとは違う一面を抱くこともできました。
    また、発達障害の人は体で感じることで覚えていく経験が大事であるという高橋氏の指摘も印象に残りました。

    本書の中でも指摘があるアメリカと日本の支援の違いは考えるべきところであると思いますし、多様性を認めて、求めすぎず無理をさせないことがやはり大事なのではないかと感じました。
    人それぞれケースは色々あり何が正しいとは言えないものですが、メディアの露出が多く目に触れる機会が多い氏の公表により日本社会の障害への理解がより深まればいいなと感じました。

  • 短期記憶がなくて一冊書くのも大変だったよう。

    独特のキャラだなあと思っていたけど、対人関係が苦手なせいがあって変わってるように見えるのだろう。
    でも丁寧なものごしというか、若いのに浮付いてない感じはあって読む前から彼は好き。又吉と仲がいいのも好きな証拠

    本人よりも、お母さんがどういうことに気を付けて育ててきたかを書きたかったのではないかという印象。周りに流されずに、ただ本人が幸せになれるようにという基準で子育ての選択をしてきたことがわかってジーンとした。ブレずに、っていうのは大事だなと思う。忘れがちになるのだけど。
    海外をたくさんたびさせたというのは、なかなか普通のワーキングマザーにはできないけれどいい体験だろうなと思う。発達障害の子には感覚で感じる体験がなおさら大事なようで。

  • 冷静に内容を要約すると他の「私、発達障害だけど成功者です」な人達の本と大差ない。
    安心して愚痴れる専門家との出会いが大事、アメリカで行われている発達障害児への支援が日本では行われていない、日本の学校の支援は期待出来ない、療育には母親の付きっきりの努力が不可欠、理解を得るには年単位の時間がかかる、10年以上訓練しても家事全般こなせない人もいる、発達障害ゆえに苛められるというのは社会に出てもずっと続く、天職との出会いや信頼出来る人達からのアドバイスや支えが大事…等、今現在発達障害児を抱えてヒーヒー言ってる人に読ませたら感動とは別の意味で泣かれそうな事が沢山書いてあるので、当事者やその親への贈答品には不向き。障害者の成功談が好きな人への贈り物には最適かもしれないけど。
    にしてもp198にあるコンサータやストラテラでもない気持ちが落ち着く薬って何なんだろう?

  • この本を読んで栗原類さんを知ったのでテレビで活躍されているところは見ていないのですが、写真がステキだなと思ったら梅佳代さんが撮ってるんですね。
    発達障害を脳のクセと表現していてなるほどなと思いました。そしてとにかくお母様がすごいです。ご自身もADHDと診断されたそうですが、根気よく息子と向き合い対処して輝ける場所を見つけてあげたのだと思います。

  • 例え本人にお会いしていなくても、本を通してその人の経験や考えに触れ、擬似体験すると、少し身近は存在に感じられるようになりました。

    彼の目線とお母様の目線で書かれています。取り繕っていない言葉に、障害を受け止め、理解して過ごす事の苦労(という言葉は適当ではないかもしれませんが)をひしひしと感じました。

    彼が芸能界で活躍している姿を見ると、応援するというより、尊敬の念を抱くように。
    発達障害という言葉を身近に感じている人も感じていない人も、読んで欲しいなーと思います。あまりにも世の中の障害に向けられる目は、偏見と誤解で溢れているから。自分にないものを理解するのはとても難しいことです。
    歩み寄る第一歩は『知る』ことにあると思うのです。とても読みやすくて、心が温まって、考えさせられます。

    私には些細な行動も、彼にとってはとてつもなくエネルギーがいるんだってわかったら、もう少し彼らに優しくなれて、この本を読んでよかったなって思う。
    彼らの日々は大変だったんだろうなって、他人事ながら感じました。

  • 実体験の成長過程を細かく記載してくれていて参考になりました。
    お母様の育児に対する考え方や行動力も見習うべき所や育児のヒントがありました。
    又吉 人間として完璧に、皆んなに褒められるように生きる必要はない。
    個性を認めて一人の人間として関係を持つといこと。
    深い

全56件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1994年東京生まれ。イギリス人の父と日本人の母を持つ。8歳の時NYで「発達障害」と診断される。11歳で日本に帰国。中学時代にメンズノンノなどでモデルデビュー。17歳の時、バラエティ番組で「ネガティブタレント」としてブレイク。パリコレモデルなどを経て、現在はモデル、タレント、役者として、テレビ、ラジオ、舞台などで活躍中。2016年10月に出版したエッセイ、『発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』(KADOKAWA)は15万部突破のベストセラーとなる。

「2017年 『マンガでわかる 発達障害の僕が 羽ばたけた理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由のその他の作品

栗原類の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
西 加奈子
中村 文則
三浦 しをん
平野 啓一郎
佐々木 圭一
辻村 深月
西 加奈子
本谷 有希子
恩田 陸
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由を本棚に登録しているひと

ツイートする