人生が変わる 呼吸の教科書 (中経の文庫)

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 加藤俊朗
  • KADOKAWA (2016年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046017802

作品紹介

人間関係がうまくいかないとき
仕事でイヤなことがあったとき
あなたの息は、なんだか速くなっていませんか?
胸が詰まったり、過呼吸だったりしていませんか?
・・・・・・・・・
なんだか最近調子がいいとき
仕事がうまくいって心も体も軽いとき
あなたの息はゆっくり深く、落ち着いていませんか?
・・・・・・・・・
「呼吸」は「あなた自身」を映し出しているんです!
「呼吸」は、私たちが毎日当たり前に繰り返していることです
が、呼吸が止まると人は生きられません。息の吐き方を正しく
するだけで、幸運な生き方・健康な生活に変わります。難しい
テクニックは必要なく、一日一分、意識をちょっと呼吸に集中
するだけで、心の中がきれいに浄化されます。呼吸を通して、
自分探しの冒険に出かけましょう!文庫版特別収録有り!
1 何もかもイヤになる「無気力」から脱出する呼吸
2 やっかいなしつこい「不安」を手放す呼吸

人生が変わる 呼吸の教科書 (中経の文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マインドフルネス瞑想というのを何か月かやってますが、私にとっては全く効果がないものです。
    やってる間、雑念だらけだし、特に呼吸に重点を置いた瞑想というのが何故か苦手です。
    多分、できてないという自覚がどこかにあるからかもしれません。

    この本はその呼吸の事だけを書いた本。
    とても分かりやすく、読みやすく、シンプルな本です。
    イラストが多用されているし、文字数も少なくて、正直立ち読みで事足りる内容ではあります。
    私は書店でパラパラッと中身を見た時、「ああ、なるほど・・・」と思い、ちゃんと読みたいと思ったので購入しました。

    色々と呼吸の方法や呼吸に意識する事の大切さを書いていますが、私がこの本で実行しようと思ったのはたったひとつ。
    お腹を意識して呼吸することです。
    他にも肛門を意識して呼吸するだとか、恋愛呼吸だとか、紹介されていますが、私がしようと思ったのはそれだけで、何となくこの本を読んで瞑想がしたい・・・と思いました。

    この本では作者は「呼吸家」という肩書で紹介されています。
    そんな職業があるのかどうか・・・その肩書通り、ユーモアをまじえた内容になってます。
    いい呼吸をしていたらそういう性格になるのかな・・・。
    あと、詩人の谷川俊太郎さんと15年間、マンツーマンの呼吸のレッスンをされていると最初に書いてありましたが、こんな専門家の力を借りて10年以上も続けていくものなんだと思った時、本を読んで適当にやってたんじゃ身につかないのも仕方ないな・・・とは思いました。

    私は2年前に人生が破壊されるくらいな事があり、それから今もしんどい状態にあるので、それまでとは呼吸も変わってしまったと感じています。
    状況がうまくいけば自然と前の呼吸になるんだろうけど、呼吸の方からアプローチしてみようと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

人生が変わる 呼吸の教科書 (中経の文庫)のその他の作品

加藤俊朗の作品

人生が変わる 呼吸の教科書 (中経の文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする