整える――心のストレスを消す練習

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046018243

作品紹介・あらすじ

「見切る」「区切る」「手放す」で、自然体の“自分”に――

仕事、人間関係、健康……社会人の日々のストレスをなくす
「禅の知恵」があります。
禅僧にして、庭園デザイナーの顔も持つ著者が、「実社会を
生きるヒント」を紡ぐ。

読むだけで不思議と、心と体が整っていく本。

ムダに他人とぶつからない「選択」をしましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人生のコツはいつだってシンプル
    「禅僧にして庭園デザイナーの著者が教える、余計は思いを上手に捨てる42の考え方」

    ◆序章 なぜストレスは連鎖するのか
    ・心地よいことをする
    →これがストレスを消す。心地よいことが生活リズムに入っていればストレスのタネは育つことはない。

    <1>仕事の悩みを見切る
    2 それは起こらないかもしれない
    →どうしてもリスクが気になるとき

    →リスクとは規定のなかで起きないかもしれないこと、実際直面してから何をすべきか考える。
    「今」その瞬間を大切に。

    5 しんどさは区切る
    →いくらやっても楽にならないときは自分でご褒美を用意

    7 その場で輝く
    →隣の芝生が青く見えるとき
    「大地黄金」

    「努力により、自分の立っている大地が黄金に輝くように変わる」


    <2>他者へのいらだちを手放す方法
    12 そんなもんだ
    →他人への不満がたまったとき
    →禅ではどんなに理不尽と感じてもそんなもんだと受け止め、そのうえで心を前向きに転じていくことが大事


    <3>心を忙しくしていませんか?
    18 上司と部下という縁
    →堪忍袋の緒が切れそうなとき

    論語:過ぎば則ち改むるにはばかることなかれ」
    →仕事はミスを重ね能力が磨かれる

    →上司と部下という縁をいただき今の関係がある

    23 上司を良薬とすべし
    →嫌な上司に辟易したとき

    先入観・第一印象は簡単に拭い去れない。


    <4>自分で不安を作る人
    →消せる人

    <5>呼吸を整える
    →すると体が整う

    30 寝る前の簡単座禅

  • 三葛館一般 498.39||MA

    現代社会は仕事や人間・家族関係などのストレス、また経済的、キャリア、将来への不安からのストレスもあり、何かと心と身体が乱れがちです。本書では、そんな現代社会を生きていくためのヒントとして、禅の教えに基づいた心と身体を整える方法が、紹介されています。禅といっても決して難しいものではなく、ほんの少しの心がけでできるようなことばかりです。どんな状況であってもそれを良く考えるのも、悪く考えるのも自分次第。この本を読んで自分自身を整えていきましょう!
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=87176

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

曹洞宗徳雄山建功寺住職

「2018年 『小さな悟り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

整える――心のストレスを消す練習のその他の作品

枡野俊明の作品

ツイートする