外資系投資銀行がやっている 最速のExcel

著者 : 熊野整
  • KADOKAWA (2017年4月28日発売)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046018632

作品紹介

【注意】本書はWindows7 / Excel2013対応となります。別バージョンのWindows / Excelの場合は手法が異なる場合がございます点、予めご了承ください

なぜ、あなたのエクセルは遅いのか?
外資系投資銀行、ITベンチャーで「エクセルの鬼」と呼ばれる著者が教える、
9割の人が知らないエクセルを速くするテクニックを全公開!

Part 1「設計編」では、事業計画の策定といったチームで進めるエクセル業務について、ムダなく業務を進めていくために必要なプロセスや考え方について解説していきます。
エクセルワークは、実はエクセルを使い始める前の準備が大切です。いかにチームを巻き込んでゴールのイメージを共有できるか、そのためのコミュニケーションを知っているかどうかで業務効率は大きく変わってしまうのです。

Part 2「テクニック編」では、エクセルを使うビジネスパーソンに覚えていただきたいショートカットを紹介しています。
本書では、エクセル関数やマクロといった難しいテクニックについては一切説明しません。業務の内容にかかわらず使える、エクセル表の作成スピードを上げる、計算チェックをする、といった基本スキルのショートカットを解説します。ショートカットは事前にアンケートを実施し、「これは知らなかった!」という反響が大きかったショートカットを優先して掲載しています。

--------------------------------------------------------------------
【目次】
●Part1 設計編
・まずはざっくり「仮のエクセル」を作る
・アウトプットの2つの王道パターン「比較」と「分解」
・比較・分解は「2パターン」までに抑える
・チーム別作業&集計では「スケルトン」を活用する
・「フォルダの名前は英数字」でファイルを探す時間が半減する
・エクセルは紙で印刷し、数字を「俯瞰」せよ
・投資銀行における最高の称号「頭の中にエクセル」

●Part2 テクニック編
・「マウス禁止」と「フォーマット」がエクセルを最速にする
・▼マークで表から表に一発移動
・9割の人が知らない「トレース」で計算チェック
・クイックアクセスツールバーで、ショートカットを2手に減らす
・折れ線グラフで、すばやく数字の違和感をチェックする
・「1ポイントの列幅」が、表の理解スピードを上げる
・[Enter]でセルが移動しない設定は投資銀行の常識?

外資系投資銀行がやっている 最速のExcelの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実践的。何回も読む!2017年8月13日

  • 一番残ったのは、エクセルのファイルの完成したときの見せる形をしっかり設計してから実際の作業に移ること。そうでないと何度かやり直して時間を浪費してしまうことになるとのこと。まさにその通り。残りの半分はショートカットの説明。ファイルの参照関係のショートカットはこれから利用していきたい。

  • Excelをある程度使える人は読む必要がない。特に前半部分は参考にならないので、読み飛ばすとよい。新入社員や学生向けのテキストとしては最適。

全3件中 1 - 3件を表示

外資系投資銀行がやっている 最速のExcelのその他の作品

熊野整の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・D...
佐々木 圭一
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

外資系投資銀行がやっている 最速のExcelはこんな本です

ツイートする