まいにち引き寄せ

著者 :
  • KADOKAWA
2.75
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046019639

作品紹介・あらすじ

★引き寄せが、もう、止まらない!★

奥平亜美衣さんは、仕事に忙殺されていたOL時代、
「無関心」「無感動」「無表情」だったと言います。
オシャレにも興味がなく、仕事も人間関係もうまくいかない日が続いていたそうです。
そんなある日、1冊の本をきっかけに、「自分が楽しい波動を出せば、楽しい波動のものが引き寄せられる」という考え方に驚愕。
それからは、自分が楽しくなることをしようと
「意識的に」心がけるようになりました。

今は、会社員生活に終止符を打ち、2015年に一家でバリ島に移住。
持っていた願いをすべてかなえています。

--------------------------------
「引き寄せ」というと特別な人だけにできる
非日常の魔法のように思うかもしれません。
しかし、この本のタイトル「まいにち引き寄せ」のとおりに、
誰でも毎日実践できるものであり、
そしてあなたの毎日の生活の中に本当に起こってくることなのです。
そう、私が望むことを引き寄せた秘密は全部、毎日の生活の中にあるのです。
これらはびっくりするほど普通のことであり、誰にでもできること。
                                            「まえがき」より
--------------------------------

 誰もが忙しい毎日を送っています。
 朝起きたら、食事、身支度、子どもの送り迎えなどで時間に追われることばかり。
 玄関を一歩出たら、電車の時間や次の予定でやるべきことなどで精一杯。
 これでは、「自分の心」が置き去りになっている状態です。
 悲鳴を上げているのか、楽しいのか、嬉しいのか、悲しいのか、
 そんな感情さえわからなくなってしまいます。

 自分の心を感じる、感情を知る方法は2つあります。
 1つめは「心地よい状態を意識的に作る」。
 意識的にというには、自分の心と会話することです。
 今日は気持ちよい日だなとか今日は寒い日だなとか、
心に感じたことをしっかりと言葉にします。
 2つめは「心にじんわりとくる感情を感じる」。
 じんわりとは、しゅわしゅわして気持ちいいとか、じわーっとあったまるとか、
 自分がどんなふうに感じているのか。
オノマトペ的に表現してみると、毎日が楽しくなってきます。

 冒頭に書いたように、心を失っていた著者がどんな行動を起こして、
引き寄せ力をあげていったのか……。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1977年、兵庫県生まれ。お茶の水女子大学卒。
大学卒業後、イギリス・ロンドンに約半年、インドネシア・バリに約4年滞在後、日本へ帰国。
2010年『アミ小さな宇宙人』(徳間書店)と出会ったことで、スピリチュアルの世界に足を踏み入れる。
2012年『サラとソロモン』(ナチュラルスピリット)と出会い、「引き寄せの法則」を知る。
本の内容に従って、「いい気分を選択する」という引き寄せを実践したところ、現実が激変。
遂には出版という夢を叶えることに。

初の著書『「引き寄せ」の教科書』(アルマット)をはじめ、
刊行する本は次々と評判を呼びベストセラーに。

ブログ:「人生は思い通り」
http://ameblo.jp/everything-is-all-right/

「2020年 『「引き寄せ」の教科書 瞑想CDブック (スピリチュアルの教科書シリーズ)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥平亜美衣の作品

ツイートする
×