お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046020024

作品紹介・あらすじ

元国税調査官が、「日本の歴史」にガサ入れ――
信長は金融改革でデフレ解消。龍馬はニセ金で倒幕資金を調達。
歴史上の「謎」のほとんどは、「お金の動き」で説明できる!

楽しく読むだけで、日本の通史がわかりやすく頭に入ってくる本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 源泉徴収制度は実に悪しき仕組みで税務署の仕事を会社にやらせた上で、サラリーマンから納税意識を失わせる効用がある。第二次世界大戦中のナチスドイツが導入し、それに続いたのが我が日本である(1940年/昭和15年)。
    https://sessendo.blogspot.com/2020/12/blog-post_14.html

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

元国税調査官。国税局に10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、ビジネス関連を中心としたフリーライターとなる。単行本執筆、雑誌寄稿、ラジオ出演、『マルサ!!』(フジテレビ系)や『ナサケの女』(テレビ朝日系)の監修等で活躍している。ベストセラーとなった『あらゆる領収書は経費で落とせる』(中公新書ラクレ)をはじめ、税金・会計関連の著書多数。一方、学生のころよりお金や経済の歴史を研究し、別のペンネームでこれまでに30冊を超える著作を発表している。お金や経済の歴史に関連する著作に、『お金の流れでわかる世界の歴史』『お金の流れで読む日本の歴史』(KADOKAWA)、『お金で読み解く明治維新』(ビジネス社)、『脱税の世界史』(宝島社)、『信長の経済戦略』『家康の経営戦略』(秀和システム)などがある。

「2020年 『会計の日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大村大次郎の作品

ツイートする
×