ニュースの嘘を見抜け

著者 :
  • KADOKAWA
2.86
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046020031

作品紹介・あらすじ

森友学園騒動で安倍首相が犯した最大の過ちとは? 豊洲市場移転の結論は? 米軍基地移設で本当に困るのは誰か? 「慰安婦像」問題の本質とは何か? 「辛坊治郎メールマガジン」待望の書籍化第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 関西に在住なので、辛坊さんのテレビも見ており、講演会も拝聴しに行っている。

    とても軽やかな口調で、政治のことから、マスコミの事まで、わかり易く話される。

    図書館司書学を遠い昔に学んだ私であるが、その時の先生が、新聞は、最低5紙ほど読んで来て下さいという、講義であった。

    辛坊さんの書かれているように、年金の決算を巡る報道で、理解できなかったことが、ようやくわかった。
    昔、六法全書のように、読んでも一般国民に理解できないと、言うようなものではないのか?と、思ってしまった。

    沖縄問題にしても、然りである。
    トランプ大統領の演説もそのまま新聞を切り抜いているので、この年末に再度、「お前たちは、酷い目にあっている」(笑)と、書かれているのかを調べてみたいと、思っている。
    池上彰氏は、事件の流れは、詳しく理解できるように話してくれるのだが、辛坊氏は、事件報道の裏側を読み解くのにどうすればいいのか?というとこまで追求している所が面白い。

    辛坊氏だけの意見で、物事を諮りたくないけど、理解しやすくアッという間に、この本を読み終えてしまった。

  • 偏向報道に対しての辛坊節
    共感する内容で『なるほど』『うんうん』でしたが
    短くて、すぐ読み終わっちゃうので
    物足りない感があるけど

  • 真実も含まれているだろうが、彼の偏った思想も含まれている感じがしてしまい、何が真実なのか分からなくなってしまう。
    ただし、新聞記事に関しては、実際の記事を引用していることもあり、朝日、毎日が左派(安倍政権に批判的)で、産経が右派(新安倍政権)ということが分かっただけでも収穫。でも、これを知ってしまうと、中立の新聞が存在しない日本の新聞業界ってどうなっているんだろうって思ってしまう。
    また、彼が読売出身だからだろうか、他紙を批判している(実際そうなのだが)が、その割に読売新聞への批判が少ないのはご愛嬌か。

    ・朝日、毎日は犯罪者が精神心疾患の場合には、そのことを記事にしない。読売や産経もオブラートに包んだ表現。

    ・朝日、毎日、東京、日刊ゲンダイが左派の代表。

  • 東2法経図・開架 KW/2017//K

  • 関西に住んでいると毎日のようにテレビでお見かけする(土日も)辛坊治郎さんのメルマガをまとめて加筆したもの。ここ半年ぐらいの出来事でおかしいよな?って思うような内容についてほぼ網羅されています。また、軽快な筆致で楽しく読ませてくれます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1956年大阪府出身。早稲田大学法学部卒業後、讀賣テレビ放送に入社。プロデューサー・報道局解説委員長等を歴任し、現在は大阪綜合研究所代表。「そこまで言って委員会NP」「ウェークアップ!ぷらす」「朝生ワイド す・またん!」などテレビ番組の司会・ニュース解説などで活躍する。主な著書に『ニュースで伝えられないこの国の真実』『日本の恐ろしい真実』(KADOKAWA)、『辛坊訓』『冒険訓』(光文社)、『この国で起きている本当のこと』(朝日新聞出版)などがある。

「2017年 『ニュースの嘘を見抜け』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニュースの嘘を見抜けのその他の作品

ニュースの嘘を見抜け Kindle版 ニュースの嘘を見抜け 辛坊治郎

辛坊治郎の作品

ツイートする