筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

著者 :
  • KADOKAWA
3.75
  • (17)
  • (34)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 288
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046020130

作品紹介・あらすじ

体型管理は食事が9割! どれだけいい運動も、どれだけすばらしい筋トレも、悪い食事は絶対に倒せない――。

Twitterフォロワー数18万人!大人気マッチョ社長、Testosteroneがアメリカでは「常識」となっている信頼の食事法、マクロ管理法についてわかりやすくまとめた1冊。
既存のダイエットや食事法の間違いを暴きながら、要するに何をどれだけ食べればいいかが超シンプルにわかる!

-------------------------------------------
【目次】
はじめに 約束しよう、これが君の最後のダイエットになる!

●Chapter1 インチキダイエットに騙されるな!
・日本人にとって炭水化物抜きダイエットは「超難関」
・本気で痩せたいなら、「ランニング」は恐ろしくコスパが悪い
・どれだけいい運動も悪い食習慣は倒せない」  
・「食事の知識」はビジネスマンの最強の教養である  ほか

●Chapter2 筋トレビジネスエリートがやっているたった一つの「基本」
・世界一シンプルで世界一続く!最強の「マクロ管理法」
・アメリカで大人気のダイエットもマクロ管理法がベース
・「スイーツ食べちゃった……」焦るな、まだ間に合う!  ほか

●Chapter3 何を食べ、何を食べないか――それが問題だ!
・皮なし鶏むね肉と卵は「神食材」
・仕方なく外食するなら「ステーキ」「焼肉」「刺身」
・野菜ジュース、グラノーラ……健康そうな「不健康食品」に注意  ほか

●Chapter4 これで完璧!「ワンランク上」の食べ方
・ハイパフォーマーになりたいなら「低GI」を選べ
・「小分けにして食べる」は、いいことだらけ
・二度と騙されない!「本物の情報」の見分け方  ほか

●巻末付録 最強の筋トレめしレシピ
・納豆アボカドサラダチキン
・チキンdeロコモコ
・牛肉赤ワイン煮  ほか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらずわかりやすい。明快だ。
    説得力もあるが、できる気がしないのだけが残念…

  • 面白いかった。
    表現が面白い。
    食事見直すよ

  • ・マクロ管理法。たんぱく質、脂質、炭水化物の1日の総量を守るのが大切
    ・この方法は「遊び」の部分があるので誰でも実践しやすい
    ・なによりも成分の含有量を見よう
    ・低GI食品を摂ることで午後も眠くなりにくい。ハイパフォーマンスへ
    ・食事の回数は1回より5回

  • 書いてあるのは結局「バランスの良い食事を摂ろう!」ということなのですが、いかんせんその説得力がすごい。
    あと筋トレがどれほどダイエットに効果的か。筋肉を鍛えることによって、痩せやすく太りにくいカラダにできる。代謝が良くなるのだ。
    そして、「どれだけ良い運動も、悪い食習慣は倒せない」は真理。最後はやはり食習慣。わかる、わかってはいるけど…!笑
    でも本書で紹介されているマクロ栄養素管理法は万能ですね。決められた摂取量の中であれば、何をいつ食べてもどんな食べ方でも大丈夫!というのは心強い。
    スイーツを食べる予定を予めそこに組み込んでおいて、他の部分で辻褄を合わせるというのは目から鱗。衝動で食べているじゃないから罪悪感もなくスイーツと向き合える。
    体重という数字に一喜一憂するのも意味ないなと思えました。マクロ栄養素をきちんと管理して食事していれば、見た目が、肌が、髪が、気分が、良くなるに決まってる。それこそがダイエット!

  • 筋トレと食事制限、簡単には痩せられないって当たり前だよねー、仕事と一緒。

  • 圧倒的筋トレ本。
    ・マクロ管理法によって、自分の食事をコントロールする考え方を勧めている。
    タンパク質、脂質、炭水化物をバランスよく。
    (20180724現在)自分の場合は、カロリー2300kcal, 減量が1890kcal, タンパク質160g, 炭水化物163g, 脂質48gぐらい?

    https://dietgenius.jp/macro-nutrient-calculator/

  • 20180720

    友人の勧めで。さっくり読めるし内容も分かりやすくてとても良い。筋トレにもいいし、ダイエットにもオヌヌメ。
    .
    音楽の理解のために物理かじって、今度は有機をかじりたいなとも思いましたまる。日常生活で使える程度の知識は欲しいっすね。

  • 食事を主な題材とした健康な体を作るための本である。
    いつもの名言は少なめだが、正しくいい体を作るためなら読んでおいて損はない。

  • おもしろいけど、実行できる自信がない。

  • こんなマッチョなダイエット本は見たことがない。

    本文中にもあるように、正確にはダイエットを目的としていない。頭を働かせて、正しい食生活で体を管理しよう、とのコンセプトのもとマクロ管理法を推奨する本。

    試しにこの本に従って、僕のマクロバランス(性別・身長・体重・年齢・活動量・目的から算出した1日に必要な栄養素のバランス)を計算すると、、、、、うむむ、タンパク質量130g、厚生労働省が定める指針の2倍だ。
    どんだけマッチョな食生活だよ。

    卵をキング・オブ・タンパク質と褒め称え、鶏胸肉(皮なし)、マグロ(赤身)を推しまくる超マッチョ本。
    健全な肉体には健全な精神が宿る、を実践したい人に超オススメ。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1988年生まれ。学生時代は110キロに達する肥満児だったが、米国留学中に筋トレと出会い、40キロ近いダイエットに成功する。大学時代に打ち込んだ総合格闘技ではトッププロ選手と生活をともにし、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学ぶ。現在はとあるアジアの大都市で社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学の知識を日本に普及させることをライフワークとしている

久保孝史
 1990年生まれの27歳。大学施設のトレーナー、ラグビー部のS&Cコーチを経て、現在は都内の大学バスケットボール部S&Cコーチ。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士後期課程に在学中。保有資格はスポーツ科学修士、認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)

「2018年 『超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方のその他の作品

Testosteroneの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方を本棚に登録しているひと

ツイートする