最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046020604

作品紹介・あらすじ

世界的にも例がない日本の長時間労働と生産性の低さ。それを根本的に解決するために必要なことは一人一人の仕事の仕方ではなく、それを管理するべき「リーダー」のマネジメント。プレイング・マネージャーのための自分と部下の生産性を劇的に向上させる仕事術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる
    2017/7/13 著:赤羽 雄二

    現在、多くの日本企業は、長時間労働により、生産性のみならず多くの点で損失、被害を出している。

    本書は、すべてのリーダーの生産性・効率性を高めるために記されている。

    本書が目指しているのは、「残業ゼロを実現して、私たち一人ひとりがもっと充実した生活を送れるようにすること。それにより、日本企業の生産性と付加価値を上げ、社員の成長を加速させ、グローバル競争に勝てるような経営体質に変える」ことである。

    構成は以下の7章から成る。
    ①なぜ、あなたの部下の残業はなくならないのか
    ②生き残りに必須の「時短」
    ③大企業もベンチャーも関係ない
    ④まずは部下より自分が変わる
    ⑤知っていれば誰でも必ずできる
    ⑥発想の転換が必要
    ⑦人と企業が生まれ変わる

    本書が取り上げていることは、残業をゼロにすること。
    残業を減らすことと残業をゼロになくすことは似ているようで全くもって次元の違うお話である。

    本書は壮大に日本の現状と今後を見た中で残業ゼロの必要性をうたっている。そして、それも理解できる。しかし、残業ゼロを達成しようとすると単位や個人でなしうるものではなく、全社的に行わないと到底難しい。

    小手先のことでは減ってもゼロにはならない。働き方・考え方を変えるのはもちろんのこと、ゼロベースで考えるだけではなく、ちょっとした強制的な仕組みも必要となる。

    そして本質を理解した上でゼロを目指さないと効率が増えるのではなく、早く帰るだけになり、より競争力は弱くなり、違った方向に流れてしまう懸念がある。

    難しいが理解はできる。まずは残業削減を・・・ということがテーマではないものの、ゼロにする必要性を感じながら今できることをしていきたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1978年、東京大学工学部卒業後、小松製作所でダンプトラックの設計・開発に携わる。 スタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。 ソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となる。 2002年、「ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。 大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、も積極的に取り組んでいる。

「2017年 『最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げるのその他の作品

赤羽雄二の作品

ツイートする