小学校では学べない 一生役立つ読書術

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (0)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046022035

作品紹介・あらすじ

子どものうちに身につけておきたい!
受験生になっても、社会人になっても一生使える「究極の読書術」

読書は、とてもすごい魔法なんだ。みるみる頭がよくなって、テストが得意になる。ほかの人の考えがわかるようになって、みんなに好かれるようになる。そしてなにより、小学生のうちにたくさんの本を読んでおくと、大人になるまでずっと「教養のある人」と尊敬されるようになる。この本をよむだけで、きみも「読書の魔法使い」になれるんだ!

特別付録として、齋藤先生のおすすめ70冊リストつき!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもが大きくなったら読ませたい。
    読書感想文の書き方は参考になりそう。三色ボールペン読書をやっていたら、もっと国語が得意になったかも。

  • 小学生向けの読書法の紹介する本。
    対象は小学生だが、言い回しを変えればそのまま大人にも適用できる内容だと感じた。
    読書習慣を身に着けるところから、なぜ読書が良いのかを小学生向けにやさしく解説している。
    子ども時代に出会いたい本でした。
    心に残ったのは以下。
    ・重要なところと面白いと感じたところに線を引く
    ・音読すると脳が活性化する
    ・複数冊を同時並行で読むとスピードが上がる
    ・要約力を鍛えて読書ソムリエになろう
    小学生におすすめです。

  •  「本を好きになる魔法」…10冊読む。
    このハードルが高いんですよね。

     小4~中2が、国語力の付くゴールデンエイジとのこと。
    難しい時期だ…。

     巻末におすすめ70冊リスト付き。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

小学校では学べない 一生役立つ読書術のその他の作品

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
ローズマリー マ...
マーガレット・ワ...
池田 ゆみる
森 絵都
又吉 直樹
村田 沙耶香
辻村 深月
カーター ヒギン...
R・J・パラシオ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする