カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046022882

作品紹介・あらすじ

★★★累計16万部のベストセラーがカラーになってリニューアル★★★

スタディサプリ講師として活躍中の関正生先生による
「世界一わかりやすい」シリーズ第1弾が、リニューアルして登場!

「学生時代に読みたかった」という声が続出のわかりやすさはそのままに、
フルカラーになってさらに見やすくなりました。

社会人の英語やり直しにも、高校生・大学生の苦手解消にも、おすすめです!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても面白くとっつきやすいけど、ある程度文法を理解している人の方が読んで得るものが多いかもしれない一冊。

    大人になってから文法がいかに大事か思い知り学び直しているのだけれど、なかなかわかりやすいテキストに出会えてこなかったので結構ありがたかった。

    実際に使いこなそうと思えばもっと複雑な内容を学ぶことが必要があるのでこれ一冊ですべて足りるというわけではないけれど、文法書でとっつきやすいものは貴重だと思う。予備校の有名講師が書く本にはさすがに当たりが多いなあという印象でした。

  • 英語の勉強をしたくて買った一冊。
    結論としては、勉強をするために読む本ではない。

    英文法の参考書として見ると情報が断片的で網羅性に欠ける。ルールの例外についてもほとんど触れない。
    これを読めばわかりやすく英文法を学べる、という本ではない。

    しかし、読み物として捉えると非常に面白い。
    英文法の"授業"とあるように、特定のテーマに対して授業が行われているような語り口なので、読みやすいしわかりやすい。
    ある程度英文法の知識がある前提で本書を読むと、知識の定着に一役買ってくれると思う。特に、物事の由来や意味といった本質の理解に重きを置いて説明されるので、ある程度の前提知識があるほうがより楽しく読めると思う。

    本書に求めるものを間違わなければ、読んで損はない本だと思う。

  • 暗記詰め込み型の受験勉強が苦手だった人は、読んで損はない。イラストと平易な文章で説明されていてわかりやすく、特にとっつきにくい分野を厳選して解説している。

    ただし、文法書にしてはページ数が少ないので、文法を理解するためにこの本読むだけでは心もとない。
    通常の文法書と併用するのが良いと思う。

  • 20190211読了。

    最近英文を読むことが増えてきたけど文法(関係~~詞を使ったりした文の接続する系とか)が苦手で、困ったことが多かった。

    この本は文法書の中でもかなり平易でわかりやすくてためになった。実際この本を読んだあとは英文を読むのがだいぶ楽になった。
    あと数回は読み直して理解を定着させたい。

    またこの著者の別の本も手にとってみたい。(結構有名な人らしく本もそこそこ出してる模様)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1975年東京生まれ。埼玉県立浦和高校、慶應義塾大学文学部(英米文学専攻)卒業。TOEICテスト990点満点。リクルート運営のオンライン予備校「スタディサプリ」講師。スタディサプリでの有料受講者数は年間20万人以上。今までの予備校では、250人教室満席、朝6時からの整理券配布、立ち見講座、1日6講座200名全講座で満席など、数々の記録を残した英語教育業界の革命児。著書は『世界一わかりやすい英文法の授業』(KADOKAWA)など累計100万部突破。英語を学習する全世代に強力な影響を与えている。

「2019年 『カラー改訂版 世界一わかりやすい英会話の授業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業のその他の作品

関正生の作品

カラー改訂版 世界一わかりやすい英文法の授業を本棚に登録しているひと

ツイートする