東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法

著者 :
  • KADOKAWA
3.88
  • (5)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046023056

作品紹介・あらすじ

「1000時間勉強して将来の年収が100万円上がる場合、
 勉強の時給は4万円になるよ。
 なんでみんなそんなに勉強しないの?」

●東大医学部在学中に司法試験にも一発合格し、英検・数検1級取得や
 TV「頭脳王」での優勝など、ありとあらゆる“勉強”のフィールドを制してきた
 著者だからこそ伝えられる、<超効率的勉強法>のすべてを初公開!

●「天才」「神脳」と言われる自分も、決して超人的な記憶力や特殊能力があるわけではなく、
 ただひたすらに、「勉強の仕方がうまい」だけなのです――。
 「はじめに」でそう述べる著者が、成功も失敗も経験した約20年間に、勉強と向き合い続けたなかで
 試行錯誤を繰り返して生まれた独自の勉強法や考え方には、
 経験に裏打ちされ、磨き上げられた最高のメソッドが詰まっています。

 ◆ゴールからやるべきことを逆算して、超効率的にタスクをこなす 《 逆算勉強法 》 。
 ◆勉強を加速させる 《 できるループ 》 の回し方。
 ◆ 《 幸福の最大化理論 》 で複数の物事を両立する方法。
 ◆勉強の 《 大木 》 を育てるために知っておくべき、 《 幹 》 と 《 枝葉 》 のイメージ。
 ◆ 《 具体と抽象 》 を行き来して、理解度を加速させる方法。
 ◆覚えるべきものによって2種類を使い分ける 《 語呂合わせ 》 のやり方。

 ……などなど、読めばすぐに試してみたくなるやり方・考え方が盛りだくさん。
 シンプルで正当派。だけど、「こんなやり方あったんだ」と思わず目からウロコが落ち、
 勉強に対する考え方すら変わること間違いなし。
 
 後悔はさせません。
 新時代の学習法の決定版、登場です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3)1000時間勉強して将来の年収が100万円上がる場合
    100万円×40年÷1000時間=時給4万円
    34)目的を持つことは何かを始めるときのモチベーションになるだけでなく、何かが終わったときの自己肯定感にもつながる
    43)目標は仰々しく
    1→レンガを積んでいる職人
    2→レンガを積んで教会を造る職人
    3→多くの信者の心の拠り所となる大聖堂を造る職人
    目標なく闇雲にレンガを積んでたまたま教会ができることはないし、教会をとりあえず造ったらたまたま多くの拠り所となるであろう完成までに100年以上かかる大聖堂になることもまずない。意識して初めてその目標に近づける。
    55)ゲーム化で回すできるループ
    1.タイムアタック=いかに短時間でクリアできるか意識
    2.スコア=いかに高得点を取れるか意識
    3.チェックリスト
    68)史記/南越伝=禍福は糾える縄のごとし
    69)大学受験に向けて勉強しないといけないけどやっぱり遊びたい→毎日遊ぶor遊びの時間を半分減らして勉強、いい大学へ入ってから遊ぶ
    週6日遊ぶ満足度が週3日遊ぶ人の2倍より小さい
    後者はやるべきことをやっているため自己の成長や安心感は計り知れない。遊びにも余裕が出て心から楽しめる。
    73)複数の物事を両立させるには優先順位をしっかりつける
    両立させることとどっちも全力でやることは違う。
    107)先生によっては「範囲にメリハリなんかつけるな、全部重要なんだから」と言うかもしれない。それは先生の目標が「成人までに必要な一般常識を満遍なく学ばせる」ことだから。しかしあなたの目標が「志望校の合格点へ届く」ことなら満遍なく学ぶことは効率よくない。
    133)労力を割くべき人、物事の為に不要な労力はときに容赦なく削るという思いも必要。そして同様の理由から関係を切る際も何も言わず、気づいたら離れていたというような距離の置き方がベスト。喧嘩をする労力、連絡を取る労力すら惜しいと思ってもいい。
    200)チャート式,サクシード,4ステップ
    大学への数学1対1対応の演習,月刊大学への数学
    217)ちくま評論,現代文キーワード読解
    古文単語ゴロゴ,漢文早覚え速答法
    229)システム英単語,英文解釈教室,総合英語Forest,速読英単語
    236)物理重要問題集,名門の森,新・物理入門問題演習
    化学基礎(標準)問題精講,理系大学受験化学の新演習
    243)センター試験日本史Bの点数が面白いほどとれる本

  • 著者が唱える「1000時間の勉強で年収が100万円あがり40年働くとしたら、時給4万円ですよ!!
    100(万/年)×40(年)÷1000(時)=4(万/時)」という考え方は若い時に知っておきたかったというのが率直な感想だ。学校でもなぜ勉強が大切なのかを時給という考え方で教えればもっと一生懸命勉強する学生が増えるだろう。

  • 2018年現在、東京大学医学部医学科5年生に在学中の著者。4年在学中の2017年に司法試験にも一発合格しているのです。テレビにもたくさん出演しているので、知っている人もいるでしょう。河野玄斗が教える、誰でも使えて結果を出せる、超効率的勉強法!

  • 現役東大医学部の学生で司法試験も一発合格した著者の勉強法。

    著者と同じ結果を出すのは簡単ではありませんが、タイトルにもあるように言っていることはシンプル。

    非常に納得できる内容で、きっとどんな事を勉強するしても「学びは楽しい」と思えることが大事なんでしょうね。

  • (特集:「先生と先輩のすすめる本」)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00546537

  • 受験勉強に限らず、目標を効率的に達成するための方法を網羅的にまとめた良書。河野さんは孤高の天才というイメージがあったが、本書の中にある通り、先輩に教えを乞う、友達を巻き込んで試験勉強をするなど、周りを巻き込む姿勢について言及されているのを見ると、どこまで完璧なのかと思ってしまう。

  • 逆算勉強法と英語の勉強法がためになった。
    目的達成の為の効率を重視した勉強法は、是非取り入れたいと思った。

  • 結局、ゴールから逆算して、
    有効なtodoに落とし込むことが大切。

    逆算思考というか、ゴールがどこにあるのかを
    常に意識しながらto doこなす、修正していく、
    これが大切やな。

  • 細かい内容は抜きにして、記載してあることは当たり前のこと。でも、それができないのが現実。
    いかに上手にコツを掴む、ポイントを掴むかが、効率に大きく関わってくる。
    優先順位とどこまで極めるか、そしていつまでやるか、いつやるか、タイミングも本当に重要で、ビジネスと同じ。
    現状とあるべき姿のギャプを明確にして、ゴールから逆算してスケジュールを立てるというのもビジネスの基本。
    改めて、当たり前のことをちゃんと徹底的にやるのが大事ということを気づかせてくれた。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1996年、神奈川県生まれ。私立聖光学院高等学校卒業後、2018年現在、東京大学医学部医学科5年生に在学中。数検・英検も1級を取得し、東京大学4年生時の2017年には、司法試験に一発合格。第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストベスト30入り。雑誌やテレビにも多数出演している。本書が初の著書。

「2018年 『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法のその他の作品

河野玄斗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
村田 沙耶香
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする