イラストで楽しむ 日本の七十二候 (中経の文庫 あ 15-11)

著者 : アフロ
制作 : 森松 輝夫 
  • KADOKAWA/中経出版 (2013年4月26日発売)
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046025548

作品紹介

本書では、「二十四節気」をその節気に合わせた浮世絵で、「七十二候」をそれぞれの名称に合わせた描き下ろしイラストで紹介。さらに、七十二候それぞれの旬の花や野菜、魚、行事などをテーマにしたクイズに答えながら、より旧暦の世界に親しむことができる。

イラストで楽しむ 日本の七十二候 (中経の文庫 あ 15-11)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一年を二十四に分けた二十四節気、それをさらに三つに分けた七十二候を浮世絵やイラスト、文章で解説した本です。聞いたことのある季節の言葉の起源が分かったり、読んでいて楽しい本です。
    季節を感じるということは、時間の流れを感じることなのかなあと思いました。肩の凝らない本ですので、のんびりゆったりした時間を過ごしている気分になります。ただスペースの都合で仕方のないことと思いますが、もう少し情報量があってもよかったですね。

  • 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露にぬれつつ
     天智天皇

     ご存じ、「百人一首」の1番目を飾る歌。秋の田近くの仮小屋で番をしていると、かやぶき屋根の編み目が荒いので、衣の袖は夜露に濡れるばかりだ、という歌意。
    鑑賞するなら、農作業の厳しさをつぶやいた歌ではなく、むしろ、収穫の秋を喜び、晩秋の詩情を誘うような夜の光景を思い浮かべたい。

     日本の農業の目安には「旧暦」が有効だそうだが、「秋分」や「冬至」などを区切りとする「二十四節気」を、さらに3等分した「七十二候」の存在も興味深い。6世紀ごろに古代中国から日本に伝わり、その後、江戸時代の暦学者が日本にふさわしいように改訂したものという。

     そもそも、「気候」という言葉は、「節気」の気と「七十二候」の候を組み合わせたものだとか。季節感と日本語との、深い関係性も再発見させられる。

    「七十二候」では、ほぼ5日ごとに名称がつけられており、新暦(現在の暦)11月7日から11日ごろは、「山茶始開【つばきはじめてひらく】」。つややかな桃色の山茶花【さざんか】をツバキと間違えた名称で、そういう裏事情も雑学としておもしろい。

     次なる11月12日から16日ごろは、「地始凍【ちはじめてこおる】」。冷え込みの厳しくなる朝晩の、まさに実感のこもった名称だ。

     ほか、秋の章では「涼風至【すずかぜいたる】」、冬の章では「虹蔵不見【にじかくれてみえず】」など、風情ある言葉に出会え、旧暦の奥深さにひかれてしまう。
    (2016年11月6日掲載)

  • 誕生日に姉から貰ったもの。

    それぞれの季節を表現する言葉がたくさん載っていて、語彙が豊かになりそう。

全3件中 1 - 3件を表示

イラストで楽しむ 日本の七十二候 (中経の文庫 あ 15-11)のその他の作品

アフロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

イラストで楽しむ 日本の七十二候 (中経の文庫 あ 15-11)はこんな本です

ツイートする