世界一わかりやすい 英語の勉強法

著者 : 関正生
  • KADOKAWA/中経出版 (2011年6月14日発売)
4.00
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046026507

作品紹介

16年間の講師経験にもとづく、何万人もの学生・社会人に支持された勉強法。留学することもスクールに通うこともなく、「完全独学」で1000万円以上を費やしてわかった勉強法。「日本で」「独学で」を大前提にした勉強法。従来の英語本がすすめる「アメリカ大統領のスピーチ」「海外のニュース」などをメイン教材とせず、著者自身が面白いと思ったものだけをオススメする勉強法。

世界一わかりやすい 英語の勉強法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 声を出すこと、繰り返すこと!
    やはりというか、これに尽きるようです。
    良書がたくさん紹介されていてとても参考になります。

    ・単語「英単語イメージハンドブック」
    ・文法「世界一わかりやすい英文法の授業」
    ・DVD(日本のアニメの英語版、トトロやDeathNote)

    巻頭で紹介されていたお話(Good morningは祈りの言葉)が印象的でした。
    こういうネタ、英語思考の背景を集めた英語本があれば読みたいです(^^♪

  • 社会人になって、英語の必要性を感じる場面に遭遇することが多々あり、英語を勉強したいと思うようになりました。

    しかし何から始めたらいいのか全くわかりません。

    そこで大きめの本屋の語学コーナーでパラパラと読んでは戻し、読んでは戻しする中、本書の第1章を読んで引き込まれ、これを手元に置いておきたい!と思い購入しました。

    その他の章も読みやすく、著者の言葉には説得力があります。
    こういう勉強法には正解はなくて、自分に合っているのかどうかがポイントだと思います。
    それは始めてからでないと判断はできませんが、まず読んだ時に納得できるのか、そこが大事だと思いますし、私はこれを読んでなるほどこう考えるのか、こうしていけばいいのかと納得できました。

    私と同じく「学生時代、もっとちゃんとやっておけば良かった!今更何から始めたらいいのかわからない!」というような人の一つの指針になると思います。

  • 典型的な予備校講師の書いた英語学習法。
    その殆どが参考になるとは言えるがところどころ批判したくなる箇所もある。
    ただどこかで聞いたことがほとんどであるので、英語学習初心者以外にはあまり参考にはならないだろう。
    また本書の学習法は読者を選ぶものが多々あるので、全てを真に受けてその通りに学習することはおすすめしない。

  • 英語というものを身近に感じることのできる1冊であり、ただ単語を覚えろ、文法を覚えろという昔の参考書とは全く異なる色を持った作品。

    英語に興味が湧いた際は、勉強する前に勉強の仕方をこれで学んでからでも遅くはないでしょう。

全4件中 1 - 4件を表示

世界一わかりやすい 英語の勉強法のその他の作品

世界一わかりやすい 英語の勉強法 単行本(ソフトカバー) 世界一わかりやすい 英語の勉強法 関正生

関正生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
トマ・ピケティ
デール カーネギ...
マーク・ピーター...
J・モーティマー...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一わかりやすい 英語の勉強法はこんな本です

ツイートする