コミック版 ドラッカーと会計の話をしよう

  • KADOKAWA/中経出版
3.57
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046027979

作品紹介・あらすじ

イタリアンレストランのオーナー町田純一。経営がうまくいかない彼は、妻と娘にも見限られていた。レストランを売り払うために向かったロスへのフライトで、運よくファーストクラスにアップグレードした彼が席に着くと、隣に居合わせたのは謎の紳士・西園寺だった。町田に興味を持った西園寺は、彼に一夜かぎりの「ドラッカー会計の授業」を始める-。経営(ドラッカー)と会社の数字(会計)をめぐる物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <会計/ドラッガーについて学びたい人向け>
    ドラッガーの考える会計論を漫画で学べる一冊。レストランの経営が上手くいかず、売却のために飛行機に乗った町田。たまたま隣に乗り合わせた紳士から、ドラッガーの考える会計について学ぶことになる――。
    -----
    ドラッガーがこんなに会計について語っていたとは知らなかった。よく考えれば、経営=会計、ということなのかもしれない。「会計」というと、簿記や決算書の読み方など、数字から入ることが多いが、この本はもっと大きな視点から会計というものを捉えているので、これまで読んできた本よりもわかりやすかった。

    「利益」「コスト」、よく知られている言葉だからこそ、その本当の意味を問い直すべきだということ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1974年中央大学商学部会計科卒業。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。国内外の企業に対して、ビジネスコンサルティング、ITを活用した管理会計(主として原価計算)システムの設計導入コンサルティング、講演活動等を行っている。株式会社林總アソシエイツ代表・公認会計士林總事務所代表、明治大学専門職大学院会計専門職研究科特任教授でもある。

「2017年 『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コミック版 ドラッカーと会計の話をしようのその他の作品

林總の作品

ツイートする