カラー版 忘れてしまった高校の世界史を復習する本

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.86
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046028761

作品紹介・あらすじ

世界史は、ドラマチックなひと続きのストーリー!この本を読めば、ある出来事が起こるに至った背景が理解でき、さらには、同じ時代に違う国・地域で起こっていた出来事どうしの関連性が見えてきます。今まで「点」でしかなかった断片的な知識が、「線」となり「面」となっていくダイナミズムを、たっぷり味わってください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんなにも分かりやすく興味深い形で歴史観を提示できるのかと驚いた。しかも、直情的で偏った見解を示すのではなく、極めて広く歴史状況を見渡している。従って、現代につながる社会問題を扱う際にも、感情的にならず、理性的な見方ができている。そのためだろうか、あまりにも認知を高める記述であり、この圧倒的な現実を前にして、しばしば心が苦しくなる思いだった。とはいえ、歴史学は認識を本務とし、感情的に癒しを与えるものではないから、この点は仕方ない。この時思うのが、認識を高めるだけでなく、かと言って文化体験一辺倒でもなく、認識をしながら感情が和む営みは可能かという問題である。西洋で言えば、科学は認知を高め、文学や音楽は感情をなだめるという、住み分けがなされているが、そもそも東洋の知はもっと統合的ではないかと、最近感じている。この線で、私は知を営みたいと思っている。少し本書のレビューからそれたが、この本自体は良書である。

  • よくまとまっていて、見方が広がる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都出身。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究員を経て、代々木ゼミナール講師。主な著書に『東大のディープな世界史』(中経出版)、『日本のいまが読み解ける 戦後世界史』(小社刊)がある。

「2018年 『東大生が身につけている教養としての世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カラー版 忘れてしまった高校の世界史を復習する本のその他の作品

祝田秀全の作品

ツイートする