大学入学共通テスト 生物の点数が面白いほどとれる本

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046042101

作品紹介・あらすじ

2004年の刊行から合格した400万人の先輩が大絶賛した【実績No.1の参考書】シリーズが、共通テスト対策用としてリニューアルしました。
志望校が決まれば、次はこの本で対策を始めましょう! 高得点を狙うならこの本1冊で十分です!
知識問題の出題形式は、センター試験は同じなので、教科書内容の知識を押さえるためにも本文を熟読しましょう。そして、それぞれのしくみをきちんと理解しましょう。
また、共通テストで出題される思考力や応用力が問われる問題にも対応するため、これまでのセンター試験と試行調査を徹底的に分析し「スペシャル講義」を設けましたので活用してください。
このチェック問題を何度も繰り返して基礎力を磨き,本番で実力が発揮できるよう頑張りましょう。

【目次】
第1章 生体を構成する物質と細胞
第2章 代謝
第3章 遺伝情報の発現
第4章 生殖と発生
第5章 植物の環境応答
第6章 動物の環境応答
第7章 生態と環境
第8章 生物の進化
第9章 生物の系統
第10章 「考察力」をアップする20問

著者プロフィール

駿台予備学校生物科専任講師。京都大学農学部卒(専門は植物遺伝学)。派手な服装を身にまとい、ノリノリで行われる授業では、“「わかりやすさ」と「おもしろさ」の両立”をモットーに、体系的な板書と丁寧な説明に加え、小道具(ときに大道具)を用いて視覚的なインパクトも追求。著書に、『大学入学共通テスト 生物基礎の点数が面白いほどとれる本』『大学入学共通テスト 生物の点数が面白いほどとれる本』、『日本一詳しい 大学入試完全網羅 生物基礎・生物のすべて』(共著)(以上、KADOKAWA)などがある。

「2021年 『直前30日で9割とれる 伊藤和修の 共通テスト生物基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤和修の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×