ビジネス教養としてのアート

著者 :
  • KADOKAWA
3.30
  • (2)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046043481

作品紹介・あらすじ

なぜビジネスパーソンがアートを学ぶのか? 
その理由は、ITが急発展したり、AIなどの技術イノベーションが起きる現在のビジネス環境では、
数字やロジックによる「正解を導く」手法は使えないからだ。
そこではロジックより「答えを創造する力=アートの完成」が必要になる。しかし、アートをどう学べば良いのだろうか?
そこで本書はアートを経済、歴史、思想、社会、テクノロジー、といった切り口から解説することで、「アートの見方」「感性を言語化する」「歴史背景」「マーケット価値」などが理解できるように構成。
もちろん「技法」などの解説もあり、アートをより深く楽しむこともできる、基本書となる1冊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前々から興味のあったアート。
    ビジネスの教養として役立つかどうかは、ちょっと分からないですが(特にこの本が)、
    私自身はとても面白く読めました。

    アートという(多くの人にとって)よく分からないものに対して、
    歴史とか思想とかテクノロジーといった側面から、
    色んなアートについて著者が解説してくれます。

    残念なのは、文面で出てくるアートが全て画像として出てこないのと(だから、気になるアートは検索が必要)、
    ほとんどのアートは白黒である点。
    後者はコスト面もあるから致し方ないところもあるけど、
    前者は頑張ってほしかった。

    個人的には、バウハウスの解説が
    とても自分のインスピレーションを刺激してくれて、
    良かったです。
    バウハウスに関する書籍とか写真集を見たくなりました。
    そんな感じで、この本を読みながら、
    自分の気になる/お気に入りのアートや作品が見つかるといいですね。

  • 章ごとに内容がややぶつ切りだが、詳しくない自分には読みやすいボリュームだった。
    アートの価値が、モノ自体からコンセプトへと変化していく流れは、モノ消費からコト消費へ移行している流れとパラレルに感じた。

  • 日本ではアート(美術)は、モノとして「きれい」「技術が高い」など優れていることが重視されるが、欧米ではコンセプトとして「価値観」「考え方」が優れていることが重視されるという指摘に納得した。日本では美術鑑賞というと、前提知識無しで観て感じた感想という感性を鍛えることが重視されている理由がわかった気がする。

    その他;
    ・アートには正解がない。その意味で、「正解のないものをどう受け止めるか」を考えるヒントになる。

    アートは鑑賞者にとっての鏡、起こる反応(感想)はその人の内面の心象風景そのもの。そのあいだの心理学的パターンを感じ取るトレーニングにもなる。

    など、得ることが多かった。

  • アートの値段のつけられ方、時代によってアートの意味合いや形が変化していくのがわかった。

    ただ、自分にとっては少し難しい内容でした。
    個人的にはアートを見るとき、作者の心理や時代背景などを考えてみるのが好きです。

  • タイトルにビジネスとついてるけどアートの表面を浅く広く解説してる書。かなり浅めなので、もっと知りたいと思うところで終わってしまう。

  • 実はこちらの本、美術史家•岡田温司先生の著書だと思って手に取りましたが、実際に書いておられるのは5人のライターさんでした。

    さらっと読めて、切り口や視点は面白いなぁと
    思ったけど、内容がさわりだけなので読後はちょっと物足りない感じが残りました。

    タイトルどおり、あくまでも『ビジネス教養として』なので、専門的な内容ではなくてアート作品を見る時の視点に気づかせてもらえて、場合によっては会話にも活かせられるかも。そんな感じの内容でした。

    中でも
    個人的に興味深かったのは
    奈良美智の代表作である
    いじわるな顔した子どもの作品。

    見る人によってかわいいと捉えたり、
    怖いと感じたりする。

    どうして人によって捉え方が違うのか?
    これを心理学と絡めて書かれていました。

    “心理学の本質は刺激に対する反応を読み取ること“
    アートは人の心理に深く働きかける性質をもつ。
    アートは心理状態の鏡。

    それを心理学と絡めて書いてあったのが
    興味深かったです。

    "アートを鑑賞した時に起こる反応は、
    その人の内面の心象風景そのもの“

    アート作品を見て感じるポジティブな感情
    『かわいい』やネガティブな感情『怖い』を
    ポジティブ心理学と結びつけています。

    自分の心理パターンの打破を試みたいなら
    アート鑑賞をしながら自分にどんな刺激があって、
    それに対する自分自身の反応を感じとるトレーニングをしてみるといいですよ…と提案されていました。

    今度アートと触れる機会があったら
    意識してアートと向き合ってみたいと思います。

  • ためにはなったけど可もなく不可もなく…掘り下げが浅いのでは?と思った。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

編集プロダクション

「2021年 『最新データでわかる 日本人・韓国人・中国人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

造事務所の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
アンデシュ・ハン...
エーリッヒ・フロ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジネス教養としてのアートを本棚に登録しているひと

ツイートする
×