武器になる「わり算」 知っている人が一生得する計算式

著者 :
  • KADOKAWA
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046043856

作品紹介・あらすじ

合格偏差値、有効求人倍率、ウイルスの感染者数、政党支持率、平均余命……日常に溢れている数字を、「わり算」をキーワードに読み解く数学エッセイ。ベストセラー『忘れてしまった高校の数学を復習する本』著者であり、早稲田大学・高等学院数学科のベテラン教諭による最新刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 選挙の時に、投票に行かなかった反政権支持者が全員投票に行くだけで、政権はひっくりかえる可能性がある。また、例え自分が投票した人が当選しなかったとしても、当選した人は反対派がどれくらい得票したかを気にしており、その数字が多ければ反対派のことも考えた政治をせざるを得なくなる(そうしないと次回の選挙で勝てない可能性もあるから)。だから、例え「投票したい人がいない」としても、一番嫌な人以外の人に投票するだけで政治は変えられる、というのが個人的には印象的だった。
    今まで選挙に行って投票した人が落選したこともあったが、けっして無駄な票ではなかったと思えた。

  • 水木しげるの幸福の条件第5条「努力が人を裏切る」が新鮮で参考になった。

    《幸福の七カ条》
    第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
    第二条しないではいられないことをし続けなさい。
    第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
    第四条好きの力を信じる。
    第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
    第六条 怠け者になりなさい。
    第七条 目に見えない世界を信じる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

柳谷晃(やなぎや・あきら)
1953年、東京生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻博士課程修了。数学をわかりやすく教えることに定評があり、その対象は学生からビジネスマン、リタイアした人まで幅広い。一方で、数学や統計学の正しい使い方に注意を喚起している。日本の伝統芸能や西洋史、西洋文明にも精通する異色の数学研究者でもある。現在、早稲田大学高等学院数学科教諭・早稲田大学理工学術院兼任講師、早稲田大学複雑系高等学術研究所研究員。著書に『武器になる「わり算」 知っている人が一生得する計算式』(角川書店)、『面白くて仕事に役立つ数学』(SBクリエイティブ)がある。

「2021年 『円周率πの世界 数学を進化させた「魅惑の数」のすべて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳谷晃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×