神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り

著者 :
  • KADOKAWA
3.87
  • (16)
  • (30)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 596
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046043979

作品紹介・あらすじ

11万部突破のベストセラー『神メンタル』待望の続編!

『神メンタル』を読んで、「好きな時に、好きな場所で、好きなシゴトをする生き方」を実現する人が続出中!

今回のテーマは、どんな相手でも自分の思い通りに動いてくれる新世界へ!

心理学・脳科学に裏付けされた「科学的に人の心を動かす」伝え方を誰でも実践できる形でわかりやすく紹介しています。

人間関係、仕事、お金、恋愛、会話・雑談、SNS、子育て、コミュニケーション、リーダーシップ、人見知りなどすべてに効果抜群!

「なぜ、あの人は私の言うことを聞いてくれないのか」がこれ1冊で解決!

◎「他人の悪口を言わないほうがいい」
  科学的な根拠

◎誰からも好かれてしまう
  「好意の返報性」をフル活用する

◎価値観の対立を超越する
  「最強の質問」とは

◎どんな相手にも
 「神対応」できる4つのルール

◎相手の「ミス」を「成長」に変える
  新基準の会話術

◎異なる意見の相手とも
  同調できる「魔法の言葉」

◎一瞬で相手の信頼を勝ち取る
 「話を聞く姿勢」とは

◎なぜ「好きと発言する回数」と
  「信頼度」は比例するのか

◎簡単に人生を好転させる
  「ポジティブ・ゴシッキング」

◎「痛み」が即断・即行動を生み
  「快楽」が継続を生む仕組み

◎相手の人生さえも変える
  「究極の神トーーク」トレーニング

◎誰でも会話の主導権が握れる
  「チャンクサイズ・コントロール」 ほか

本書は、ゼロの状態から起業する経営者の月収を6カ月以内に最低100万円以上にする成功確率、驚異の90%を誇る著者の再現性の高いプログラムを書籍化したものです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人の心を動かすのには、3つの絶対条件がある。
    1.話を聞くに値する人と思われる日常での振る舞い
    2.相手に安心感を与える
    3.相手の自己重要感を満たす
    相手に安心感を与え、自己重要感を満たすためには、とにかくたくさん褒めながら、自分から相手に好意を示していけば良い。人は、好意の返報性によって、自分に好意を示してくれた相手に対し、好意を返したくなる傾向にある。人の心を動かす影響力は、自分を好きと感じてくれる人が多いほど大きいものになっていく。
    人は誰しも傷つきたくない、人に必要とされたい、認められたいと思っているもの。そのニーズを埋める、暖かく寄り添った対応ができれば、自然と人の心は動いていく。

  • ■読む前の準備・目的
    ・伝えたいことを適切に伝えられるようになりたいから。人間関係を良くしたいから。人に何かを伝える場面は今後も無限にあるため、トークスキルを磨くことの費用対効果は高い。
    ・読了後、円滑なコミュニケーションができるようになり、かつ他者も育てながら、何の不満もなく過ごせるようになりたい。

    ■アクション・アウトプット
    ・本の数分のレクチャーでは、相手は自分が理解していることの半分ぐらいしか理解できない。50伝えたいのであれば、100インプットする勢いで伝える。
    ・伝えたいなら、まず先に「感情」を同意させる。
    ・相手に話させまくること。それが本当の聞き上手。そして相手が求めていることだけを話す。
    ・相手が自ら気づくようなストーリーで話す。そして相手がさらに求めたら、補足していく、の繰り返し。
    ・ゴールから逆算して、小さなハードルを小刻みに設定する。達成感が今後のやる気に繋がるから。
    ・ポジティブなことばかりを話す。

    ■エッセンス
    ・「私たち人間は、どんなに論理的に正しいことを言われたとしても、「感情」が同意していなければ、真に受け入れることはできないのです。」

    ・なぜなら、「人は自分の考えていることすべてを吐き出さないと、新しい考えを納得して受け入れない」。自分が話したいという欲求の方が大きいから。

    ・相手の話を聞き終わったら、「他にもっと話しておきたいことはありませんか?」

    ・頭ごなしに怒るのでなく、まずは相手の意図や理由を理解しようとする。注意したいことは、直接指摘するのではなく、本人に気付いてもらうように誘導する。「どちらがよかったか。」「どうすればいいか。」。否定をしないことがポイント。

    ・誰かに出会った際、0.2秒眉毛を吊り上げて笑顔を見せる。表情による安心感は絶大。出会い頭に笑顔を見せることは友好的な存在であることの表示。

    ・ポジティブゴシッキングをする人ほど相手から好感を持たれやすい。

    ・やれ、と言われるよりも、お願いできるかな?と疑問形で依頼されたほうが、平均して1.5倍パフォーマンスが上がる。相手にアドバイスを求めることで、相手の行動をコントロールできる。

    ・「相手にアドバイスを求めて、まったく見当違いなアイデアや提案が出てきた場合はどうするのか?  そうならないためには、アドバイスを求める際に、こちらが意図した答えにたどり着くヒントを盛り込んだ質問をするだけです。「ヒントを渡す」を具体的にイメージできるように、先ほどの会話でさらに解説します。」

    ・「聞き上手」とは「話を聞くことが上手」なのではなく、「相手に話させるのが上手」なのです。

    ・①相手が触れてほしくないことには触れない ②相手が褒めてほしい、気にかけてほしいところにフォーカスして気づき、褒める」

    ・相手の変化に気がついてひと声かける前に、「自分がこの変化に気がついて相手を褒めたり気遣ったりすることで、相手は喜んでくれるのか?」を、必ず自分の中で確認する工程を入れてください。

    ・人は理由を添えられると相手の要望を受け入れやすくなることが科学的にわかっている。

    ・もっとも目標達成に影響が大きかった、つまり目標を達成していた人が多かった方法は、「目標に近づくたびに自分にご褒美を設定している人」。小さな目標を設定して、それを突破するたびにご褒美をあげる。自己重要度が高まるから。

    ・行動に移せない人がいたら、最終的なゴールから逆算した小さなゴールを一緒に作る。

    ・「人が動く」要因は、実は次の2つしかありません。 ①「快を得る」(ために動く) ②「痛みを避ける」(ために動く)」

    ・「相手にとって大切な「そう思った理由」を聞こうとしてくれる姿勢は、あなたへの信頼に変わることを覚えておいてください。」

  • 眼から鱗的なテクニックはなく、ベーシックな方法ばかりで日常から非常に取り入れやすいものが紹介されているイメージ。

    一度に全てを取り入れると、ぎこちなくなってしまう気がするため、一つ一つマスターしながら取り組んでいきたい。

    すぐに実行できそうなこと
    ・話を最後まで聞く
    ・否定しない
    ・念押しして話の続きがあれば聞き出す
    ・指示を与えるのではなく思い付かせる
    ・聞く姿勢をオープンにする
    ・名前をつけて褒める
    ・できるだけ褒める

  • 否定しない、気づかせる、答えを言わない、正さない。その人に成長してもらうための実例集。質問を多用しているのが珍しい感じ。どれも一番最初に自分の話を聞いてくれると思ってもらわないと諸刃の剣です。明日から試したくなるものばかりで参考になった。

  • 良好な関係を構築するためには、相手を否定しない、最後まで話を聞くなど、改めて基本的なことが大切だと思った。基本を忘れず実践すべし。

  • コミュニケーションについて、言ってみればより効果的なコミュニケーションの取り方について解説した一冊。
    よく聞く内容もあるかもしれないが、それだけその内容が「真」だということだろう。
    各章の最後にまとめがあり、要点を把握しやすい。
    「こんなコミュニケーションを取ったら、こんな良い効果がありますよ」といったイメージがしやすく、モチベーションアップして実践に臨めそう。

  • 網羅的。ありがちな内容もカバーされていますが詳細例がある点が良かった。

  • タイトルで少々釣ってますが、
    人を動かす影響力の身につけ方について
    分かりやすく纏まっていました。

    ・説得ではなく自己説得させる
    ・まず好きと言ってみる

    など具体的なアクションも書かれているため
    読んで満足、何となく知識がついただけ、という
    状態にもならないかと。

    ただ、実際に実践する上での心理的障壁などに
    対する対策なども記載されているとなお良いと思いました。

  • 書いてあることはわりと普通だが、ポジティブそうな自身のキャラクターで得られる信頼感(本の主張を体現)、ワークがちりばめ構成がわかりやすく、よくまとまった本だと思う。

  • リーダー入門として良さそう。
    人格を高める習慣、弱さをさらけ出すなど


    カーネギー、人を動かす がベースだからそりゃそうか

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年仙台市生まれ。大手企業で働いていたが東日本大震災を岩手県で被災。生死を問われる経験を経て「自分の人生の時間はすべて好きなことに費やす」と決め独立起業し、心理療法やNLP、認知心理学、脳科学を学び始める。それが原点となり、個人の起業家を対象に「心を科学的に鍛える」を中心に置いた独自のビジネス手法を構築。日本や海外で数千人規模の講演会を実施し、グローバルに「好きな時に、好きな場所で、好きなシゴトをする個人を創る」ための活動をしている。前作の『神メンタル』は11万部突破のベストセラーに。

「2019年 『神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通りのその他の作品

星渉の作品

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通りを本棚に登録しているひと

ツイートする