一生稼げる脳の作り方 定年に縛られずに自由に生きていく「お金」と「健康」と「働き方」の話

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046045140

作品紹介・あらすじ

「老後資金」はいらない!
「蓄える」よりも「働ける状態」のほうが100倍大切!

人生100年時代に最も豊かになるのは、「脳」のメンテナンス法を知っている人!
FP資格を持つドクターが、定年過ぎても「年収500万円以上」を達成できる心と体の作り方、教えます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これからの55歳以降の目指すべき生活について指針を与えてくれた。脳の活性化と老後の財産のためにも働き続けることが大事であると。認知症への処方箋も脳を使い続けることであり、仕事はその最適な方法である。シニアゾーンに入っていく年齢を直前に控え、やるべきことが明らかになるとともに勇気を与えてくれた。

  • 26-

    読んで損はない

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1966年、名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業。認知症専門医、医学博士、日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本老年病学会専門医。
祖父が認知症になった経験から医師の道を志し、病気だけでなく生活、家族も診るライフドクターとして医療、介護、社会保障サービスから民間保険の有効利用にまで及ぶ。在宅医療では開業以来、50,000件以上の訪問診療、500人以上の在宅看取りを実践している。現在、医療法人ブレイングループ理事長として、在宅生活を医療・介護・福祉のあらゆる分野で
支えるサービスを展開している。
主な著書に、ベストセラーとなった『親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!』(サンマーク出版)、『認知症専門医が教える 脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!』(弊社)などがある。

「2021年 『ボケ日和 わが家に認知症がやってきた!どうする?どうなる?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長谷川嘉哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×