教養としてのお金とアート 誰でもわかる「新たな価値のつくり方」

  • KADOKAWA
3.67
  • (11)
  • (9)
  • (16)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 308
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046046284

作品紹介・あらすじ

世界と比較してみても、日本人の中でアートとお金が苦手な人は多い。
けれど、時代はすでにグローバルになり、苦手を克服し、教養として身に付けておく必要がある。
それに、今やビジネスパーソンの間で話題になっている「アート思考」。
ビジネスパーソンでも絵画を学ぶことが大切であり、反対にアーテイストでもお金を勉強することが大事になってくる。
そうやってアートと会計をつないで学ぶことで、
これまで日本人に足りていなかった「正しい知識」が身につくに違いない。

本書は、『名画で学ぶ経済の世界史』『会計の世界史』の著者であり、公認会計士の田中靖浩氏が、
ビジネスパーソン代表として、東京画廊代表の山本豊津氏へ絵画を勉強しにいく。
アートと会計という一見関係のなさそうな両者が、つないで学ぶことでこんなにも共通点があった!

・アートを知るとなぜ「価値のつくり方」がわかるのか
・なぜお金を知らないで会社を経営する人が多いのか
・ビジネスパーソンにもアートの知識は必要なのか

お金とアートの専門家が語る異色の対談、つに完成!


目次
第1章 なぜアートは日本に浸透しなかったのか
第2章 簿記という芸術的なプラットフォーム
第3章 日本で会計の礎をきずいた福沢諭吉と渋沢栄一
第4章 価格から考える「アートの問題点」
第5章 これから絶対に必要な「価値と評価」の話
第6章 「未来の資本主義」の話をしよう

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コード(歴史的文脈における表現方法)とモード(時代とセンス)
    世界の美術マーケット7兆円 44%アメリカ、イギリス21%、中国19%、日本7%
    日本国家予算100兆円
    興味(文化レベル)、お金(経済レベル)、買い方(目利き)が足りない
    アメリカ プブリック思考、 日本 プライベート思考

    言語技術と共通の土台
    保税倉庫

    標準化(文明)から差異化(文化)
    13世紀 ヨーロッパにアラビア文字
     経済に金利の導入 簿記がイタリアからオランダ、イギリスへ
    日本
     江戸時代 数学を解く楽しみ KPIで楽しみや美しさが失われる
     キャッシュレスで日本人の暗算力が低下する?
     マイナスを△にしたのは書き換え防止のため
     電子媒体は原価計算ができない
     美術品の評価機構がない

    会計の価額=価値
    ポップアート
     価格から価値を逆算
     誰もが知っている素材を自分のコンテクストに引用

    40代でもう一度とんでもないことができるのが天才
    人生の後半で価値転換は大変だがチャンスでもある
    日本人は長所を見つけるのが不得意

    会計の公準 
     貨幣的評価の公準
     継続企業の公準
     企業実態の公準
      なんでも金銭的評価するが、人間はバランスシートに載らない銭

     日本の博物館は寺からの寄託作品が多い。
     金銭のやり取りはないので貨幣的評価に影響がない。

    資産
     所有権ではなく、経済的利益を有するものに
     誰かに依存していないか?継承する仕組みがあるのか?

    美意識
     「自分の人生を作品化しようとする志」
      商品化と反対側のテンションが高い人のほうが化ける
    芸術家の才能 
     これ以外のことはやることがないという自分を追い込む才能

    トーナメントプロ=個人プレイヤーと レッスンプロ=教育者

  • 本筋とは異なるかもしれないが、「初期教育の失敗」に関する箇所が印象的であった。

    ・会計においては簿記、美術においては写生といった「作る」重視の教育が入口となっている
    ・一方、決算書や絵画を「観る」ことは疎かにされている
    ・「作る」と「観る」とは全く異なる行為である

    自身を振り返ると、小学生の時分、絵を描くことは苦手で気乗りしなかった。入口で躓いたがゆえに、「観る」に興味が湧くこともなく、30歳を過ぎてしまった。
    今になってみれば、絵画を観ることには魅力を感じるが、憧れに近い感情である。全くスキルを持ち合わせていないからだ。
    そこに適性がなければ即挫折しかねないという点で、一側面を過度に重視した初期教育はとてもったいない。

    と文句を言っても始まらないので、自助努力で絵画を「観る」ことを楽しめるようになりたいと思った。遅すぎるということはないだろう。
    (flierでのみ読了)

  • ちょっと難しくて、私の勉強不足でわからないこともあるけど、着眼点が面白くて、最後まで読み切れました。

    アートと経済って、実はこんなに繋がっていたのかと驚きます。

    今回難しかった所は、もう少し勉強してからもう一度読みたい本。

  • 簿記や会計という視点からアートの歴史や現在について考察しているが、対談形式なので堅苦しくなく読み易い。

  • #flier
    少し難しいです
    簿記や投資などに興味がある人にはいいかも

  • ビジネスでもアートでも、作り手がいくらものづくりに情熱を注いで労力をかけたところで、第三者がその価値を認めなければ価格がつかず、社会と接点を持つことはない。普段はアートに縁遠いという方であっても、本書で紹介されているような「お金」という切り口からアートを見れば、その見方が変わるかもしれない。古今東西のトリビアが満載の本書から、美術を見る目を養ってみてはいかがだろうか。

    この本を読んで価値について考えさせられた。
    第三者に認められて初めて、価値が価格になる。
    努力をしても、人に認められなければ、自己満足で終わるのだ。ただ、価値は商品だけではなく、作った人の人間性や信頼できるかどうか、身だしなみ、賢さなど、総合的に判断されることも多い。そこがまた世の中の面白くもあり、ズルいところかも知れない。

  • 自分の人生を作品として見ることができる感覚。
    作品として生きる。
    努力に美しさがなければならない。
    誰かに見られて恥ずかしくないように毎日を過ごす。
    楽市楽座はお寺や神社で開かれていた。それは「神様仏様がお前たちの商売を見ているんだよ」ということ。
    そんな人になりたい。

  • 著者の田中靖浩さんの大ファンで手にした本です。

    著者名のとおり「お金」と「アート」。
    画廊の山本豊津さんとの対談が本になっています。
    コロナ禍でモノの価値観がまさに変わろうとしている今のこの時に、
    アートの価値、それは「美意識」の変化にまで話が及びます。
    田中先生お得意の会計と歴史が沢山でるなか、高齢の山本さんの
    考え方が野をかける少年のように興味津々な対談内容です。

    帯に書いている、アートを通して「価値と価格の本質」即ち、
    その「もの」が持っている力・価値をどう計るかという問い。
    一人一人が主体的に、「もの」をどう捉えるかといった、
    今の社会に求められているけど、情報の渦の中、なかなか難しいこと
    だけど、これからとても大事なことであると新たな視点を得ました。

    私にとって「美意識」とは、「価値」とはとずっと考える
    気持ちにさせてくれる本でした。

  • 対談ということもあり、まとまりはない。けど、面白かった。この内容を自分なりに消化して、自分の言葉で頭に入れておいたら、これからの人生にも役に立ちそう。

  • エリートがアートにまつわる雑談をしている感じ。
    嘘を言っているとは言わないが、おもしろくもない。
    松浦弥太郎的というのか。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

田中公認会計士事務所所長。1963年生まれ、三重県四日市市出身。早稲田大学商学部卒業後、外資系コンサルティング会社などを経て独立。経営コンサルティング、会計セミナーといった堅めの仕事から、 落語家・講談師との公演など柔らかい仕事まで幅広く活動中。経営・会計の基本から最新動向を真面目にポップに、ときには笑いを交え変幻自在に解説する。著書に『名画で学ぶ経済の世界史』(マガジンハウス)、『会計の世界史』(日本経済新聞出版)。

「2020年 『教養としてのお金とアート 誰でもわかる「新たな価値のつくり方」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中靖浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

教養としてのお金とアート 誰でもわかる「新たな価値のつくり方」を本棚に登録しているひと

ツイートする
×