MBAのアカウンティングが10時間でざっと学べる

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046047496

作品紹介・あらすじ

MBA必修科目の「基礎知識」を中心に、財務会計と管理会計の両方をまとめる分析指標など、「ビジネスに使える」内容が盛り込まれた、MBAのアカウンティングが10時間でざっと学べる1冊。
「企業実例」や「ビジネスの現場での活用方法」をふんだんに取り入れているため、より実践的で理解しやすいこと請け合いです!
これから知識を習得したい方、基礎的な内容から学びたい方、事業部門に就かれている方に、特にオススメします。
MBA国内No.1を誇る早稲田ビジネススクールの授業を本書で体感してください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アカウンティングの基礎から中級まで、網羅されている本

    会計について何も知らない私はとても勉強になった

    中級程度理解している人も、復讐に最適だと思う

    左側に文章の解説、右側に図解という配置が読みやすかった

    全てを理解するには何回も読み直す必要があると思う

    会計の参考書として常に参照したい本

  • 基本的な内容ではあるが、わかりやすく説明してあり、タイトル通りざっと学べた。

  • アカウンティングだけでなくファイナンスの基礎知識も学べた良書だった。この本のおかげでroic,eva,nopatの企業を評価するための指標を理解できた。

  • パラパラと眺める程度によい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネススクール)教授。早稲田大学政治経済学部卒。ペンシルベニア大学ウォートンスクールMBA修了。(監)トーマツ、(株)西山アソシエイツにて会計監査・企業買収支援などの業務を担当後、2002年より早稲田大学。2006年より現職。博士(学術、早稲田大学)。公認会計士。上場公開企業の社外役員を歴任。主な著書:『企業分析シナリオ第2版』(東洋経済新報社)、『戦略管理会計改訂2版』(ダイヤモンド社)、『ビジネススクールで教えている会計思考77の常識』(日経BP社)など多数。

「2020年 『MBAのアカウンティングが10時間でざっと学べる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西山茂の作品

ツイートする
×