産めないけれど育てたい。 不妊からの特別養子縁組へ

  • KADOKAWA
4.25
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 86
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046047816

作品紹介・あらすじ

10年以上もの不妊治療、2度の流産、死産。それでも育てることをあきらめなかった夫婦が、「特別養子縁組」を決意するまでの葛藤と、ドタバタだけれど幸せな子育てを、夫婦それぞれの視点から綴ったエッセイ。

2度の流産、死産後、妻の持病の子宮筋腺症が悪化し、子宮全摘の手術を受ける。その直後の病室で、「それでも、育てることはあきらめたくない。養子を迎えたい」と綴った手紙を妻が夫に渡し、夫も養子縁組を決意。研修を修了し、「待機」に入った矢先に、ある日突然、委託の赤ちゃんを迎えることとなる。

長きに渡る不妊治療を経て、養子縁組を決意するまでと、赤ちゃんを迎えてから、審判が確定し実子となり、1歳になるまでを、夫婦それぞれの視点から、ときには夫婦の行き違いや未熟だった点も含めて、素直な気持ちを綴っている。

養育期間を経て審判が認められると、戸籍上も実子として認められる「特別養子縁組」は、「新しい家族のかたち」として注目されている。本書はその貴重な実例であると同時に、夫婦が幸せを模索しながら、それでもあきらめず歩んでいく姿が静かな感動を呼ぶ。女性の自己実現とは? 家族とは? 夫婦の絆とは? さまざまな観点から考えさせられる1冊。巻末に、特別養子縁組の基礎知識を掲載。

<妻>
・妊活マラソンに終止符を打つ
・赤ちゃんがやってきた!
・お母さんと呼ばれて胸が躍る
・養子をどこまで知らせるか
・裁判のための家庭訪問
・名実ともに親子になった日
・子育てと不妊の大変さの違い
・パートナー(パパ)への願い …など

<夫>
・血のつながらない子を愛せるのかという不安と実際
・赤ちゃんと対面したとき
・パパになったと実感したとき
・初めて1人でお世話したとき
・養子を伝えたときの周囲の反応 …など

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 特別養子縁組のことが詳しく書かれてて勉強になました。
    里親制度とのちごいとか。

    特別養子縁組、もっともっと増えてもいいと思う。
    世の中には不妊で悩む夫婦もいるし
    子供の虐待のニュースがいつもどこかであったり
    死産で産んで捨てられてたり
    そんな悲しい出来事を少しでも減らしてほしい。

    不妊治療も叶わず、それでも子供が欲しいから養子を…
    それじゃ、夫婦のエゴなんだよなぁ
    子供のことを考えて養子を…
    考え方の違いだよなぁ。

    乳児院の前を通ったことがあるけど
    我が子を思うと悲しくなった。

    どうしても手放さなくてはならなくて、養子縁組を希望する親もいるってこ。
    そんな子を代わりに親として大事に育てる。
    って当たり前のことを考えさせられた本でした。

  • 2020/11/3 読了。
    赤裸々。14年間不妊治療を続けた夫婦が養子を迎えた。
    夫婦間のいざこざも描かれていてリアルで親近感が湧く。
    特別養子縁組、もっと一般的になりますように。
    わたしも里親やりたいな。

  • 2021/6/13-18読了

  • 子供を望んでも恵まれない、そんな夫婦の選択肢の一つとして特別養子縁組について知ることができた。女性の不妊治療の辛さは読んでいるこちらまでしんどくなるほど。よく長いこと頑張られたなあと尊敬します。パートナーの協力が全面的にあるとは言えなかった中で本当に凄い…!血縁だけではない親子のあり方を考えさせられる。

  • 人生に真摯に向き合う姿勢に胸を打たれた。

    一生懸命に生きるとはこういうことを言うのだろう。

    子供の人生に土台を作るのは親だと強く感じ、その使命の大きさに身が引き締まる思いだ。

    飾り気のない語りかける文章をありがとうございました。

  • 夫に「今日も赤ちゃんのお世話ありがとう」と言われたとき「どうしたの?」と返事しながら実はすごく嬉しかったそう。テレビで「全国のお母さん、今日もありがとう」と言われるのの何倍も夫に言われる方が嬉しい、世の中のパパはもっと自分の言葉の力に自信をもってほしい、とのこと。
    不妊治療の筋肉注射は指された瞬間に口の中まで注射の味がして全身薬付けにされた気分だったらしい。つらいんだな。

  • 涙なしでは読めなかった。

    子どもを産んだことがある人も、ない人も、
    不妊治療をしたことがある人も、ない人も、

    そもそも、パートナーがいなくて、
    そんなこととは縁がないと思っている人も、

    あらゆる人にこの本を読んで欲しい。

    人がこんな想いをし、
    こんな境地に辿り着くことがあるのだ、
    ということを知って欲しい。

  • 特別養子縁組とはどういうものなのか、
    初めて知るにはとてもリアルかつ読みやすい一冊。

    未婚で子供が欲しい立場(よってまだ自分が不妊体質なのかもわかっていない)として、この本を手にとった。著者の不妊治療の壮絶な10年に心が痛み、日本での養育制度の普及を願いたいと強く思った。一方で巻末に書かれている特別養子縁組の条件に、「婚姻している夫婦」とあり、未婚でつまりシングルマザーとして養親にはなれないのかと少し落胆した。。

    ただボランティアなどで子供がいなくても、子供と関わる事はできるとも知り、納得させられた。自分がいかに漠然と「子供を欲しい」と思っているのか恥ずかしくなった。本当に子供を産み、『育てたい』気持ちは自分にどれくらいあるんだろうから考えされる一冊だった。

  • 冒頭、子どもを迎えた時の感動や想い、覚悟を私自身くっきりと思い出すことができて、本屋で立ち読みしながら涙が溢れた。ゆっくり自宅で読むことに。
    素敵な写真があり、久しぶりに感想を人に話したくなった。意外にも、8歳の息子が興味を示し、養子縁組とは何か、家族って何か、どうして子どもを育てたいと思うのか、人それぞれの価値観があることなどなどについて話すきっかけとなりました。
    5歳の娘も、結婚しても子どもがいないことがあるんだと、いろんな家族がいることに何となく想いを馳せるようでした。
    価値観は人それぞれであること、価値観を押し付けてはいけないことを家族で話せてよかったです。
    凛と生きていきたいと思いました。

  • <目次>
    序章 プロローグ
    1章 新米パパママの奮闘記 0~3ヶ月
    2章 ついに入籍!実子となる 4ヶ月~1歳
    3章 養子を迎えるまで 不妊治療から流産・死産
    4章 養子を迎えるまで 妊活終了から養子を迎える決意
    妻のあとがき
    夫のあとがき
    編集後記

    2020.09.12 著者本人のnoteより
    https://note.com/ikedanoriyuki/n/nb74ef6f71a54
    2021.01.20 品川読書会で紹介する。
    http://naokis.doorblog.jp/archives/shinagawa_reading_comm_41.html
    2021.01.24 読了

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

不妊ピア・カウンセラー。「コウノトリこころの相談室」を主宰。10年以上、不妊治療に取り組む。人工授精、体外受精、二度の流産、死産を経験。子宮腺筋症で子宮全摘後、手術後の病室で、「それでもやっぱり育てることをあきらめたくない。養子縁組をしたい」と綴った手紙を夫に渡す。44歳で養子を迎える。数々のメディアや、大学で講演活動を行うなど、実体験を語っている。

「2020年 『産めないけれど育てたい。 不妊からの特別養子縁組へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田紀行の作品

ツイートする
×