瀬川聡の 大学入学共通テスト 地理B[系統地理編]超重要問題の解き方

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046048172

作品紹介・あらすじ

共通テスト「地理B」は60分という限られた時間の中で、多くの図表や統計資料を用いて、地理の基礎知識・技能と理論の定着度、そして思考力の有無を問うてきます。
つまり、高得点を奪い取るには、しっかりした学問の王道に基づいた地理学習が必要なのです!
クイズ的な知識や地名、用語、データの丸暗記だけでは時間の大幅な無駄!
以上を踏まえ、本書のスローガンを「試験本番で90点をコンスタントにとる力を養成する」としました。

本書では、地理学習の土台となる「系統地理分野」に関して、精選された超重要問題(43テーマ)193題に取り組むことにより、高得点を確実なものにします。
多くの受験生が苦手とする短文正誤や図表などの「統計資料」の読み取りをはじめ、共通テスト特有の「複数の資料を活用する問題」や「より思考力を問う問題」を通して地理力を飛躍的にUPさせましょう!
必ず地理が楽しくなります。
「系統地理」の充実を図った後には、[地誌編]に進んでさらに得点力を上げましょう!

【目次】(第1章から第5章までが[系統地理編]、第6章から第12章までが[地誌編]です)
第1章 地理情報と地図
第2章 自然環境
第3章 資源・産業
第4章 生活と文化
第5章 グローバル化する現代社会
第6章 アジア
第7章 アフリカ
第8章 ヨーロッパ・ロシアと周辺諸国
第9章 アングロアメリカ
第10章 ラテンアメリカ
第11章 オセアニア
第12章 日本

著者プロフィール

西南学院高等学校教諭を経て、現在、河合塾地理科講師。 東京書籍文科省検定教科書『地理総合』編集協力者。
共通テスト対策から東大対策まで幅広い授業を担当。毎週、首都圏・中国地区・九州地区の校舎を飛び回り、ライブ授業だけでも、これまで数十万人の受験生とともに戦う。
また、全国配信されている「河合塾マナビス」での映像授業にも出講し、夏期講習、冬期講習は毎年必ず満員御礼となるなど、絶大な人気と実績を誇る「地理」受験指導の第一人者。校舎での授業だけでなく、教育委員会、私学協会、地理部会などが主催する高等学校教員研修、各種進学講演会などでも大活躍。
おもな著書は、『大学入学共通テスト 地理Bの点数が面白いほどとれる本』(KADOKAWA)、『大学入学共通テスト 瀬川聡 地理B講義の実況中継1[系統地理編]』『同2[地誌編]』(いずれも、語学春秋社)など多数。

「2021年 『大学入学共通テスト 地理Bが1冊でしっかりわかる本【系統地理編】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬川聡の作品

瀬川聡の 大学入学共通テスト 地理B[系統地理編]超重要問題の解き方を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×