行きたい大学に行くための勉強法がマンガでわかる 高校一冊目の参考書

著者 :
  • KADOKAWA
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046048318

作品紹介・あらすじ

【高校からの勉強にはまずこの1冊!マンガで楽しく、効率的な勉強法を身につけよう】

志望大学に合格するためにいちばん大切なことは、「独学で効率的に勉強できるようになること」です。
この本では、独学で実践できる勉強の”ポイント”をマンガでわかりやすく解説。
「受験勉強、何から始めればいいのかわからない」「どんな参考書を選べばいいのかわからない」
という高校生のお悩みを一挙に解決します!

ーーーーーーーーーーーー
<本書の特長>
〇全編マンガだから、短時間で手軽に読める!
高校の勉強で知っておきたい「大切なこと」を、14日間のストーリーで楽しく学べます。
勉強の「ポイント」を凝縮しているから、内容も大充実。

〇各科目で使うべき参考書を詳しく解説
主要科目の勉強で使うべき参考書を、書名を挙げて使い方まで紹介。
1、基礎になる「知識の下地を作る参考書」
→2、練習となる「網羅的な参考書」
→3、応用的な「ちょいずらし参考書」のカテゴリ別に紹介しているので、
ステップアップしながら大学受験レベルまでの学力が身につきます。

〇東大卒参考書作家の解説も充実
各章の合間には、東大卒著者による解説も掲載。
「進学校に秘密はあるのか」「勉強のモチベーションとは?」といった、
マンガから発展的した内容を扱っているから、読みごたえバツグン。


<マンガのあらすじ>
高校1年生の田中真草は、勉強の仕方がわからず悩んでいた。
ある日、「品ぞろえは豊富ですが、あなたに合う本しか売りません」
という看板を掲げる古本屋に足を踏み入れる。

そこで出会った奇妙な男から
「逆だよ逆、お前が考えることはすべて逆なんだよ」
と自分の勉強法のすべてを否定され、イチから高校の勉強の仕方について教わることになり…

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了。ネットでちらりと読んで買った。娘に勧めるつもりで買ったわけでなく、自分のリベンジの為買った。参考書を中心に高校3年間受験勉強はいけるのではと思ったが、娘を見てると学校の課題や行事事、クラブ活動とあれば、やりとげるのは結構大変だろうと思った。

  • 「行きたい高校に行くための勉強法がわかる 中学一冊目の参考書」の大学~編。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1987年,新潟県佐渡島生まれ。東京大学理学部化学科卒業。
東京大学在籍中から参考書の執筆を開始し,現在20冊以上の書籍を出版。著書に『宇宙一わかりやすい高校』シリーズ,『高校の勉強のトリセツ』(学研プラス),『高校一冊目の参考書』シリーズ(KADOKAWA)など。現在,医学部・難関大専門「問題演習中心の塾」松濤舎を東京都渋谷で運営。問題演習中心の学習を体系化し,毎年多数の合格者を輩出している。

「2021年 『大学入試 化学の質問84[化学基礎・化学]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

船登惟希の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×