歴史を変えた挑戦 國學院大學陸上競技部で僕が実践した 非エリートで強いチームをつくる方法

著者 :
  • KADOKAWA
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046048349

作品紹介・あらすじ

前田監督が就任10年目のシーズン、國學院大學陸上競技部は大学三大駅伝の開幕戦である出雲駅伝で初優勝し、國學院大は初めて大学三大駅伝のタイトルを手にした。

その道のりは決して平坦ではなく、迷いや試行錯誤の連続であった。

予選敗退からチームはいかにして強くなったのか。

チームを成立させる価値観、信念を持って臨むとはどういうことか、選手との対話に存在する 距離感 や 間 とは?

『指導とは、思いを継走すること。』

若き名将・前田康弘監督がその半生とともに語り尽くす。


◆著者紹介

前田 康弘
國學院大學陸上競技部監督。
市立船橋高校入学後から陸上競技を始め、駒澤大学陸上競技部に所属。駒澤大学在籍時に第30回、第31回全日本大学駅伝で2連覇。第76回箱根駅伝では主将として同大学史上初の総合優勝を果たした。大学卒業後、富士通に入社。現役引退後、サラリーマン生活の傍ら母校駒澤大学陸上競技部のコーチを務める。その後、家業継承を志すも父の死もあり叶わず、2007年に國學院大學陸上競技部のコーチに就任。2009年より監督を務める。第95回箱根駅伝では総合7位(往路3位)の成績を上げ、2019年の出雲駅伝では同校史上初となる優勝に導き、第96回箱根駅伝では史上最高成績となる総合3位(往路2位)を成し遂げた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 箱根駅伝が大好きで、選手の名前が出てきて顔を思い浮かべながら読んだらとても面白かった。
    監督の箱根にかける想い、選手たちの期待に応えようとする姿が感動的でした。

  • 前回箱根駅伝3位。波に乗る國學院大學の熱血監督の初の著作。指導哲学と箱根への思い。

    選手と共に泣き、笑う姿が印象的で注目の駅伝監督。駒大出身のランナーで一度は陸上を離れ家業を継ぐが父の死を契機に陸上界に復帰という経歴。

    数年前に最終鶴見中継所で繰り上げスタートで涙した場面や2020年の9区まで5位から最終10区で逆転し3位。「一度は諦めましたが、選手たちに諦めちゃいけないことを教えてもらいました。」とインタビューで男泣きしていた場面など。

    熱い話ではなくいたって冷静に自身の性格など分析している。ただの熱血漢ではないプラスの部分が映し出される。

    帝京大中野監督とのライバル争いや師匠駒大の大八木監督に初めて勝った際のエピソードなど箱根駅伝の裏側も多くあり、箱根駅伝ファンには十分に楽しめる内容でした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ。市立船橋高校卒業後、駒澤大学陸上競技部に所属。1998、99年度全日本大学駅伝で2連覇、2000年度箱根駅伝で主将として総合優勝を果たす。卒業後、富士通へ入社。2007年國學院大學陸上競技部コーチに就任、2009年より監督に昇格。2018年度箱根駅伝で総合7位(往路3位)の成績をあげた。2019年度出雲駅伝では同校史上初となる優勝を、2019年度箱根駅伝では史上最高成績となる総合3位(往路2位)を成し遂げた。

「2020年 『歴史を変えた挑戦 國學院大學陸上競技部で僕が実践した 非エリートで強いチームをつくる方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×