ここ日本言うてな

著者 :
  • KADOKAWA
3.48
  • (5)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 104
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046048431

作品紹介・あらすじ

彗星のごとくYouTubeに登場し、瞬く間に人気が急上昇した新世代YouTuber カルマ【KARUMA】。
その人気は、男女問わず10代~30代の圧倒的支持を誇る。
ただただ面白く、常に視聴者の期待の何倍も上をいく活動をし続ける彼が日頃考えていることとは?

これからの時代を生き抜くための考え方や戦略、さらにはこれまで明かすことがなかった壮絶な生い立ちや恋愛観などの謎に包まれたプライベートまで、カルマの脳内をすべてさらけ出す、衝撃の1冊。

「今の社会を作るインターネットは鋭利な刃物みたいなものだ。それについていけず、取り残されている人も多いと思う。治療しないといけないんよ、社会じゃなくてお前の考え方をな。
この本では、俺がここに至るまでの過程も含め、戦略や思考を詰め込んだ。それを使うか使わないかはあなた次第。
テメーを幸せにできるのは、テメー自身だけだ。」(カルマ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 普段表に見せているキャラクターの裏側、
    何を見て考えているのかが明確になった一冊。

    KARUMAがここまで考えているのに
    自分がここまで考えていないのは違うと思った。

    そうか、すごいと思っていたKARUMAも中身は同じ人間なんだ、と思えた。
    読んでいて何故か根拠のない自信が湧いてきた。

    彼も頑張っているのだから、自分も頑張ろう。
    我が道を行こう、と思った。

  • YouTubeを見るだけではわからないカルマの内面を知ることができた。

    戦略の部分は、なるほどと思えることが多く、為になった。

  • 元々カルマの生き方やブランディングすごいなって思っていたので休憩がてらに読んでみた。

    現代の若者に向けて強烈なメッセージ性があってかなり衝撃を受けた。
    他人の目を気にせず生きる、自分で考えて行動する、当たり前のことだけど意外と自分の行動や生活を見直してみるとどこか本当に自分の意思で行動できているか怪しい部分が合った。

    それにしても自分の強みややることを見せるのがうますぎる、エンタメとしてもかんりおもしろい

  • 読みやすい内容だった

  • ユーチューブを見たことがなかったのだが、本を借りたので読んでみた
    ファン向けの本だと思うので、その意味では写真も多いし良いと思う
    彼の動画を見てたら違ったかもしれないが、響くものがなかった
    いかに自分が考えて登録者数を増やしたかという話

  • カルマさんをすきだけど普段は本を読むことがない方でもすごく読みやすいと思います!
    内容もよかったです。

  • 普段、本を読まない人が「カルマ」のネームバリューで買っても読了出来る位読みやすい本だった。
    また、内容も適度であった。

  • YouTubeの中のカルマしか知らなかったが、この本を読んでカルマという人間の価値観を自分なりに理解できたと思う。
    やはり、本の中で述べられていたように何事も経験してみないと気付けないことはたくさんあると思うので失敗を恐れずに興味を持ったことに関してチャレンジしていきたいと思った。

  • いつも、YouTubeで見てたカルマさん。
    とにかくかっこよくて、本当に頭使ってんだなって思った。
    これからあること、自分も夢に向かっての逆算を明確にして、上まで上り詰めたいと感じる。
    ニーズに合わせて、新しいものをも武器にする力をしっかり自分の物にしたい。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1996年生まれ、福岡育ち。韓国と日本のクォーター。16歳で上京。2020年7月現在、YouTube登録者数約152万人。たった1年で100万人登録を突破した圧倒的人気の新世代YouTuber。SNS含め、総フォロワー数は200万人。

「2020年 『ここ日本言うてな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カルマの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西野 亮廣
スペンサー ジョ...
メンタリストDa...
リンダ グラット...
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×