イラスト図解 社会人として必要なニュースの読み方が5時間でざっと学べる

著者 :
  • KADOKAWA
4.05
  • (6)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046048479

作品紹介・あらすじ

ネットやテレビ、新聞などから伝わるニュースや情報。私たちがそこでよく見聞きする言葉・事柄など、
“今さら聞けない”基本的かつ重要なトピックスを中心に、
最近の世の中の情報をより深く知るのに必要なポイントについて、
イラスト図解をふんだんに使いながらわかりやすくまとめられた一冊。
これで、ニュース・情報サイトがもっと面白くなる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 池上さんの本113冊目なので、
    さすがの私でも元々知っていると思うことがたくさんあります。
    でも繰り返し復習したいので、
    これからも読み続けます。

    そんな中、コロナの影響は新しいので
    三つ紹介します。
    「原油価格はどうやって決まる?」
    「欧州中央銀行はどんな役割を担っている?」
    「FRBは何をしているのか」

    まず原油価格。
    地球上にある石油の埋蔵量を見ると、
    中東地域に半分以上の石油が偏在しています。
    しかし実際の原油価格の指標は、ニューヨークとロンドンにおける取引所の二つの原油の先物価格です。
    中東はそのアメリカの価格を見ながら、
    少し安い価格で売買するしくみになっているのです。
    さて中東をはじめ、アフリカ、南米の産油国13か国はOPEC(石油輸出国機構)に加盟、それにロシアなど非加盟の産油国が参加し23か国で構成されているOPECプラス
    それが2017年から協調減産を手がけて原油価格を調整していたのですが
    今年の3月になって協調減産の拡大をめぐって交渉が決裂。
    サウジアラビアが増産姿勢をうちだしたことで、
    原油価格は急落しました。
    さらにコロナの感染拡大によって原油の需要が減少して原油価格は一段と急落。
    OPECプラスは再び協調し、連携して減産に取り組み、
    原油価格を支えることになったそうなんです。
    協調って、なんかいい感じ。

    二つ目の欧州中央銀行。
    2015年に経済立て直しの切り札として
    量的緩和策の導入を決定。
    2018年12月打ち切られたのですが、
    アメリカと中国とのあいだで激化した貿易戦争や
    イギリスのEU離脱交渉などで
    景気減速に歯止めがかからなくたったため、
    2019年9月に再開することに。
    そしてコロナの感染拡大で大打撃。
    感染者が多いイタリア国債などが売られ、
    ギリシャの財政問題から始まった
    経済危機の再燃を恐れる声も上がりました。
    そこで量的緩和を大幅に拡大することが決定しています。

    最後に、アメリカの中央銀行にあたるFRBも、
    コロナの感染拡大による経済の混乱を抑えるため、
    量的緩和策を大幅に拡大することを発表。

    「量的緩和策が二回もでてきました。
    それ、なんですか?」
    いい質問ですねぇ。
    ぜひこの本を読んでみてください。

  • 主要なニュースの歴史的背景を中心に非常に分かりやすく解説している。
    そもそも、なぜその現象が起こったのかやそれは何なのか?といったことが理解できるので、日常のニュースに興味関心や理解が深まる。

  • ○目的
    池上氏の別書で政治と経済の大枠を改めて理解したので、次のステップとして今の時事を理解するための基礎を固めたい。

    ○感想

  • かなりのボリュームがあり、読むのが大変ではあったが、その分読み応えがちゃんとある。どのチャプターもニュースに出てくる話題であるため、基本を固める大切さを知った。なぜその出来事が起こったのかといった歴史的背景がしっかりと解説されており、興味を持ちながら読み進めることができた。

  • とにかく分かりやすくてスラスラ読める!タイトル通り、社会人として必要な知識が広く浅く学べる感じでした。

  • 有り 304/イ/20 棚:6

  • 社会人一年目に身につけておきたい教養が身につけられる1冊。池上彰さんの著書は内容が分かりやすい。すっと入ってくる。別冊も楽しみ。

  • 毎日、様々なニュースが、もたらされる。
    現在は、新コロナウイルスの感染者数と、アメリカ大統領選の結果内容である。
    未だ、投票率は最高であり、郵便投票・・・・
    しかし、6日現在でも、大統領が、決まっていない。

    そんな中、先月から、この本を読み出しているのだが、・・・
    5時間で、ざっと学べると、、、謳い文句ではないけど、知っているつもりでも、いざ、説明せよ!と、言われると、どう説明したら良いのか?と、悩む。

    その点 池上彰氏は、要点をしっかりと、難しい言葉を使わずに、解説してくれている。

    第6章迄に、法、政治、国際、社会、宗教、現代史、が、掲載されている。

    日頃ニュースで、お目にかかる言葉であるにも関わらず、何で、こうだった?なんて、思いながら、毎度、読み進む。

    まだまだ、ざっとなのに、未だ、イスラムの宗教が、理解しがたい。
    ジハードという言葉も、篠田節子氏の本で、この言葉を知ったのは、20年以上前なのに、そして、未だ、テロで、自爆したら、天ヘ召されると、思われて、テロ事件が多発している事にも、知らないといけないと、思う。

    5時間どころでなく、長い事読み終えるのに、時間が要したが、自分で、説明しろ!と、言われたら、やはりドギマギと、説明不足のトンチンカンな話をしてしまいそうである。(笑)

    池上彰氏の説明の仕方は、抜群であり、尊敬に値する。

    再度、読み返してみようと、思っている 昨今の私である。

  • 誰もが何度も見たり聞いたりしているニュース。なんとなくわかったような気がしているものの、その本質や背景、経緯が理解できていなことが多い。
    この本はニュースによく出てくるトピックの基礎知識わかりやすく図解で示し、ニュースの内容が理解しやすいようにしてくれる。池上さんならではの一冊だ。
    「経済」、「法と政治」、「国際」、「社会と技術」、「宗教」、「現代史」の6章に分け、これだけは知っておきたい75のテーマについて、ざっと把握できるようになっている。
    既に知っている知識をおさらいしたり、さらなる理解を深めたり、あいまいな部分を補充したりと、いろいろ役に立つのは間違いない。
    自分は、若い時、あまりニュースに関心を持たなかった(特に国際問題)ので、恥ずかしながら、そもそもの発端やその頃から今に至るまでの経緯がわかっていないことが多々ある。
    そんな自分にとって、「現代史」におけるベトナム戦争やキューバ危機、湾岸戦争、それにイスラム教やユダヤ教といった「宗教」、中東和平問題について、基礎を学習できたのが良かった。

  • 社会人として必要な知識をまとめた本。池上さんがまとめただけあって、取っつきにくい内容もわかりやすくまとめあげられている。この内容を押さえておけば、ある程度は相手と話せるのでは無いかと思う。
    以下章立てとなっており、自分が苦手とする部分から読み進めて行けば効率的かと思います。

    1.経済
    2.法と政治
    3.国際
    4.社会と技術
    5.宗教
    6.現代史

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京工業大学特命教授、通訳・翻訳家、ジャーナリスト

「2021年 『本音で対論! いまどきの「ドイツ」と「日本」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
リンダ グラット...
齋藤 孝
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

イラスト図解 社会人として必要なニュースの読み方が5時間でざっと学べるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×