4 Focus 脳が冴えわたる4つの集中

著者 :
  • KADOKAWA
3.76
  • (6)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 168
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046048592

作品紹介・あらすじ

「4つの集中」(4 Focus)を使いこなせば
脳のポテンシャルが引き出され
記憶力・思考力・発想力・創造力が最大化!

「メールに対応していたら、集中力が切れてしまった」
「途切れた集中を元に戻すのに時間がかかる」
「勉強しなければならないのに、やる気が起きない」
集中力について、多くの人がこうした悩みを抱えています。

しかし、集中状態の作り方に「法則性」があることは
あまり知られていません。
その仕組みを知れば、誰でも何歳からでも
集中力を育むことができます。

決して勉強が得意な学生ではなかった著者が
アメリカの名門大UCLAに入学し、飛び級で卒業できたのは
「4 Focus」を使いこなすことができたから。

多くの人が1種類しか使っていない「集中」には
実は4つのモードがあるのです。

本書には、今日からすぐに実践できる
科学的で効果的なトレーニング&ワークも満載しています。

1つに頼らず、4つのモードを行き来して
最高のパフォーマンスを手にしましょう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み終わって自身に変化が生まれた事。
     ・記憶力の定着を身に染みて感じる。
     ・3つの脳内物質の発生を意識的に感じる。
     ・他人がイチイチ一言余計なのは、デフォルト
      モード・ネットワークの影響なのだなと割り
      切れるようになった。
     ・今自分の脳がどんなシステムが働いて、感じて
      考えているのかを理解できるようになった。
     ・脳の使用率8%→10%くらいな気持ちの持ちよう。

    ーーーーーーーーーーー
    気になっている人・これから読む人へ
     覚えた方がいい専門用語は3-4-3で10個くらい。
     あれなんだっけ?くらいな気持ちで読み進めて
     中盤で今アレが機能してるのか!って意識して
     また前のページ戻って専門用語を思い出す(見つける)
     と、一気に頭に入ってくる上に、自身の成長が楽しく
     なってドーパミンドバドバでます。
     僕は2日間で読みましたが、これがオススメかも。
     1日目1〜2章まで、2日目3〜4章を読みつつ1〜2章
     の専門用語を思い出しながら意味を予想する。

  • 集中できる環境づくり

    集中するための外部環境と、身体と脳を含めた内部環境を整えるための考え方。メタ認知と心理的安全性、集中の4つのモードの使い分けと集中を持続させる2つのエナジーシステムを理解せよ。

    ■概要
    ・集中には4つのモードがある
      - 外向き(自分以外)or内向き(自分以外)
      - 広く(発散)or狭く(収斂)
    一般に外向き×狭くが集中と呼ばれるが、それ以外も大切。特に内向きに狭く(内省や自分との対話)や、焦点を絞らない(広く)、何となく自分の中から湧き出るアイデアが出ることもある。

    ・それに至るまでの心理的安全性
     呼吸法(フィジカル)から自分を変える 

    ・集中を持続させるエナジーシステム
    ドーパミン、βエンドルフィン、ノルアドレナリンを上手く使い分ける。ノルアドレナリンはコルチゾール分泌によりストレスも感じるので、長続きしない。βエンドルフィンは慣れが来てしまうので、より五感に訴える刺激で自分を高めよう。
    (百聞は一見にしかず、百見は一体験にしかず)
    筆者もUCLAを直接見たからβエンドルフィンが極限まで出たとのこと。

    ■感想
    相変わらず読みやすい文章、分かりやすい言葉とキャッチーな絵柄で頭に入りやすい。さすがneuron fires〜がベースにある人、読者の脳内で関連づけて頭に残りやすい様にしてくれている。

  • 集中の方向:内側or外側
    集中の広さ:狭くor広く

    入門集中:外に狭く
     ゴールが明確なもの シンプルタスク 人の話を理解
    記銘集中:内に狭く
     記憶に定着させる。自己との対話
     課題解決、振り返り
    俯瞰集中:外に広く
     ざっくり理解する、瞬時に判断
     過去の経験が蓄積されているもの
    自在集中:内に広く
     ぼーっとしている、自由に思考
     内観、散歩、シャワー、お皿洗い、運転中など
     創造性が発揮される

  • 九州産業大学図書館 蔵書検索(OPAC)へ↓
    https://leaf.kyusan-u.ac.jp/opac/volume/1378806

  • 集中力にも4つのタイプ
    それぞれ意識し発揮できたことを記憶することで次回にもっと発揮しやすく=集中できるようになる。入門集中、記銘、俯瞰、自在。外へ狭く、うちへ狭く、外へ広く、うちへ広く。
    集中力の作り方:
    環境整備= 心理的安全性の確保 確保方法=日常のポジティブ記憶のストック 理由=心理的危険が起こってもポジティブな記憶により安全性に導いてくれるから。
    内面整備=自律神経のバランス バランスとは交感神経(アクセル)、副交感神経(ガソリン)のバランス バランス方法=副交感神経呼べるルーティン作り、ルーティン行動とるルーティン作り方=日常のポジティブ、リラックス状態とルーティンとするポーズや言葉を同時発火させ記憶化する →ルーティン行動取れば副交感神経優位な内面呼び起こされバランス取れる
    集中力構造:
    ドーパミン、ベータエンドルフィン、ノルアドレナリン
    ベータエンドルが効いたドーパミン+ノルの同時発揮がスーパー集中力
    ドーパはワクワクから、ノルは義務、プレッシャーから、ベータは楽しむことから発生
    ノル先行集中が日常よくあるがスタート後間をとると持続、間の取り方は外へ狭く、うちへ狭くのノル型を外へ広く、うちへ広く意識向けた時間をとる

    感情≒扁桃体、記憶≒海馬 → 学習に右脳で≒イメージで≒絵で覚えると忘れずに早いのは、結局 扁桃体、海馬使っているということ!!!

  • 4つの集中力を使いこなし脳のポテンシャルを上げて記憶力・思考力・発想力・創造力を最大化させる手法が解説された一冊(著者は神経科学者の青砥 瑞人さん)。最新の脳神経科学を基に、ドーパミン、ノルアドレナリン、エンドルフィンといった脳の神経伝達物質をコントロールしつつ、集中力を上げる法則が語られる。脳神経科学というと難しそうだが、それほど難解ではないし、簡単なトレーニングやワークも収録されており非常に面白い一冊だった。

  • こんな複雑な脳の話をとってもわかりやすく説明してもらい、自分の気持ちを高め集中できる方法を学べた気がした。これこそまさに、明日からの日常にワクワクしてきます!

  • 集中と一般的に言われる状態の他に3つの状態があることを初めて知りました。

  • 脳神経科学から見た集中力。
    集中力には4種類あるということが科学の視点から見える。
    記憶力定着も俯瞰の力も集中力。
    知っていることが前半やや多めだったが、うまいこと使いこないしたい。
    その上で著者のいうようにワクワクする願望を持って自分は何がしたいのか?がないと
    集中力につながるドーパミンもノルアドレナリンも出てこないのだろうなというのも見えてくる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

青砥瑞人(あおと・みずと)
株式会社DAncing Einstein代表。日本の高校を中退。米国大学UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の脳神経科学学部を飛び級卒業。脳の知見を、医学だけでなく人の成長に応用し、かつAIの技術も活用する、NeuroEdTechとNeuroHRTechという新しい分野を開拓。同分野において、幾つもの特許を取得する脳神経発明家。新技術も活用し、ドーパミン(DA)が溢れてワクワクが止まらない新しい学び体験と教育・共育をデザインすべく、株式会社DAncing Einsteinを2014年に創設し、Founder CEOも務め、学校、企業、学生、先生、社会人、などの垣根を超えた人の成長とウェルビーイングのデザインに携わっている。著書に『Brain Driven』(ディスカバー21)『HAPPY STRESS』(SBクリエィティブ)『4 Focus』(KADOKAWA)などがある。

「2021年 『最新の脳研究でわかった! 自律する子の育て方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青砥瑞人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
バーバラ・オーク...
メンタリストDa...
アンデシュ・ハン...
メンタリストDa...
ひろゆき
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×