在宅時代の落とし穴 今日からできるフレイル対策

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046049186

作品紹介・あらすじ

フレイルとは「要介護の前の虚弱状態」。しかし、ここで踏ん張れば、可逆的に自立した生活に戻れます。新型コロナによる外出自粛、人との接触制御という生活不活発によって
全国のシニアがフレイルの危機、同時に感染症リスクが高まっています。
飯島勝矢教授を中心に、東大が最新のすぐに家でできるフレイル対策をまとめて発信しており、
本書は、それをわかりやすく、実行しやすいようにまとめたもの。
シニアと、高齢の親をもつ世代に向けて緊急出版します。
(2018年刊行の「東大が調べてわかった 衰えない人の生活習慣」を大幅に加筆修正しました)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京大学高齢社会総合研究機構教授。専門は老年医学、老年学。内閣府「一億総活躍国民会議」有識者民間議員、厚生労働省「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議」構成員などを務める。

「2021年 『一生スタスタ歩きたいなら、たんぱく質をとりなさい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯島勝矢の作品

在宅時代の落とし穴 今日からできるフレイル対策を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×