「生存格差」時代を勝ち抜く 世界最先端の健康戦略

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046049292

作品紹介・あらすじ

近い将来、医療は完成形に近づき、人生120年時代がやってくる。「病気で死なない時代」では、健康を維持できるかどうかで、人生の質が大きく変わってくる。まさに「生存格差時代」の到来である。私たちにできることは、人生後半戦の健康を維持し、寝たきりにならないように生活習慣を改善すること。健康ファイナンス的思考に基づいたすぐにできる具体的な処方箋を、医師・医学博士である著者が、医療の近未来予測とともにわかりやすく提案する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • AI活用による診断や、スマートウォッチ等から個々の病気予測など、未来の医療の話から、健康をお金に置き換えて、如何に臓器の消耗を抑えるか(節約するか)まで、わかりやすくかかれている。
    自分が考えていたことと似ていたこともあり共感はする……が、その医学的根拠を知りたかった。
    脳の消耗については医学的根拠がないが……などと書かれているので逆に他の項目では医学的根拠はあるのだろうし、いくつかの本でも似たようなことが書かれているので、正しいのだと思けれど……。
    根拠やそのエビデンスレベルが示されていない医学知識は実践するか否かの判断がつかず、あまり活用できない。

  • 奥先生の3冊目の本です.良く言えば読みやすく,悪く言えばインパクトが弱いと言うことになるのですが,誰でもすっと読めるというところに価値があると思いました.インパクトが弱いと感じるのは,前2冊を読んでしまったからかも知れません.これを最初に読むべきだった.

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年まれ。医師、医学博士。東京大学医学部医学科卒。英レスター大学経営大学院修了。専門は医療未来学、放射線医学、核医学、医療情報学。東京大学医学部22世紀医療センター准教授、会津大学教授を経てビジネスの世界へ。

「2021年 『未来の医療で働くあなたへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥真也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
ひろゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×