繊細な人が快適に暮らすための習慣 医者が教えるHSP対策

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046049315

作品紹介・あらすじ

本書は、お医者さんが教える「繊細な人が快適に暮らすためのヒント集」です。
自身もアスペルガーで繊細な性質を持ち、人間関係に悩んだり、細かいことが気になって仕事でも苦労してきた精神科医の著者が、実際に試して本当に効果がある習慣術を伝授します。
・「ハッピーの5段階評価」で1日を採点すると、やめるべき習慣、改善すべき習慣がわかる
・1日のToDoリストは「5つ」までに絞り込む
・緊張する会話は「話す量を10分の1」にすればうまくいく
・作業開始前5分間の「シナリオ作り」で、「段取り苦手」と「緊張」をゆるめる
・香りの強すぎる洗剤やせっけん、チクチクするニット、ちょっとだけサイズが小さい靴……イヤイヤ使っているものは思い切って買い替える!
・大人の駄々っ子、愚痴魔……困った人への対処法
・自分にとってリラックスできる空間や時間にはお金をかけよう

等、すぐに実践できるアドバイスが満載。
全部やる必要はありません。気になるもの、自分に合いそうなものからやってみて、効果のあるもの、気に入った習慣を無理なく続けることで、着実にストレスを手放していきましょう。

●本書はこんな人に効果があります
細かいことが気になって仕事や家事の進みがゆっくりになりがちな人。
「始めるのが苦手」な人。
友達と会って食事をしただけなのに、終わった後なんだか疲労困憊していることがある人。
緊張しやすく、疲れやすい人。
悩み事を人に相談するのが苦手な人。
チャンスに飛びつけない人。
……実は上記はすべて「繊細さ、敏感さ」が関係しています。美点である繊細さはそのままに、仕事や生活の邪魔をする繊細さを改善しましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすかった。自分の繊細さに対する考え方、気の持ち方で、振り回されずに生活できるようになる。細かいところを説明してもらえてよかった。

  • 読みやすく、実践していけるといいと思うヒントが載っています。
    自分に期待しすぎず正当に評価する。
    難しいけど大切だと思う。

  • 小中学生で抗精神薬処方が増え続ける中、自分で出来る内観と具体的なトレーニング法。読めば人間観が広がる!著者の優しさと、誠実さが嬉しい。

  • 論理的に解説されているので、わたしにはちょっと合わなかった。なんとなくで自分も実践していることが多かったので、フェーズが違っているのかも。具体的な方法論が必要な人には有用かもしれない。

  • HSPとアスペルガー(発達障害)と合わさった感じの本です。時々2つの比較が出てきて、なかなか興味深いです。
    読みやすいし、対処法も工夫もたくさんあり、とてもよかったです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

精神科医。ハタイクリニック院長。弘前大学医学部卒業。自身もアスペルガーであり、その苦労を乗り越えた経験を生かした著作も多い。テレビ出演やドラマ、映画の医療監修でも活躍。

「2020年 『繊細な人が快適に暮らすための習慣 医者が教えるHSP対策』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西脇俊二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
砥上 裕將
カズオ・イシグロ
凪良 ゆう
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×