自分で学べる子の親がやっている「見守る」子育て

著者 :
  • KADOKAWA
3.93
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046049421

作品紹介・あらすじ

【わが子を「見守る」子育て、待望の第2弾が登場!】

今回は、子どもの「勉強」「遊び」「生活習慣」「人間関係」について
第1弾よりも具体的に事例を紹介しながら、
子育てで知っておきたい“コツ”を紹介していきます。

【内容紹介】
★自分で学べる子に育つ3原則
「見守る子育て」において親が心がけたいのが、次に挙げる3つの原則です。

・原則1:「自信」を持つ
・原則2:「学びの技術」を得る
・原則3:「習慣」を身につける

この3原則を基にして、すぐに日常生活で生かせる、
具体的な声かけの仕方やかかわり方をご紹介していきます。

★「見守る」子育ての“コツ”
本書では次のように、たくさんの子育ての“コツ”を解説していきます。

・遊び方に表れるその子の特性を観察する
・「調べる力」は「わかってよかった」の経験を積ませて伸ばす
・「なんでだろうね」を口ぐせにする
・子どもの「休みたい」を受け止める
・子どもの健康こそ、夫婦でコンセンサスを取る
・「ありがとう」はプロセスまで想像して言う
・怒りも不安も「わが子への愛情」から来ていると知る
など

【目次】
・はじめに―― 子育ての「正解」、それは子どもが教えてくれる
・第1章:自分で学べる子に育つ3原則
・第2章:遊びを見守る
・第3章:家庭での学びを見守る
・第4章:集団生活での学びを見守る
・第5章:健康を見守る
・第6章:人間関係を見守る
・第7章:親子が認め合うために
・おわりに

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ケンカを禁止するのではなく、仲直り力を育てる。

  • ●学びの技術を家庭で伝える
    ●遊んでいる時の様子からは、「得意なこと」「心が動くこと」「情報の捉え方」がわかる。
    ● 飽きっぽい子は視覚、身体感覚、聴覚、それぞれが敏感な可能性がある。
    視覚が敏感の場合は余計なものが見えないように整理整頓し、遊びや学習アイテムを1つ2つに絞る。
    ●子供のううん、わかんない、は、子供なりに物事を理解したり、吸収しようとしたりしていて心と頭が忙しい状態。話すタイミングが来ていなかっただけ。そっかで済ませる。

    ●外遊びを積極的に楽しまないのは心配な子か?
    気をつけたいのは、大人から見てわかりやすい安心を求めて、一緒に遊んだら?など口を挟むこと。その子は大事に育てている自分の世界を否定して、せっかくの個性の目を摘んでしまう。この子にはこの子の楽しみ方があると思ってゆったり見守る。

    ●聴覚情報に敏感な子には、視点を切り替えてあげる。どうやって遊ぶの?どんなことがわかったの?などと聞くと記憶の定着が深まる。ゆっくりと呼吸をして、落ち着いて立ち止まる練習を取り入れてみる。
    ●視覚情報に敏感な子には、もう少しだけ考えてみたら?と促す。目で見えやすいように工夫して説明する。
    ●身体感覚情報が優位な子には、身振り手振りを使う。まずは体験させてから説明を受けた方が理解が深まる。相手は次にどうすると思う?と予想させ、思考を組み立てる練習。

    ●ゲームをやっても良いが、親が時間をコントロールする。
    ●画面もの 時間の許容範囲は、Eテレの対象年齢番組を参考に。刺激の面でも集中力の面でもよく考えて作られている。
    そろそろおしまいだよと子供に近づいてから声をかける。脳や体が興奮しているので言葉だけでは全然入っていかず叱られている感じだけが通ってきて、余計反発する。
    子供に何か伝えたいときは、
    笑顔→体温→言葉の法則

    ●質問のお膳立て
    ●調べてみたら? →じゃあ、いい
    今聞いたのだから、今答えを知りたい時。こんな場合は答えを渡してそっかとスッキリさせてから、今の話はここに載ってるよと調べ方を渡す。
    ●調べる力は、子供が知的好奇心を持ったときに自らそれを広げていくためのもの。何かを調べさせて知識を増やさせると言うスタンスではなく、学ぶことの喜びを膨らませてあげる

    ●ノートはポイントをメモしてエピソード記憶を活用。←小学校に上がって板書を写すことが増えるタイミングで家族で話し合う。
    「ノートを書いたのに返そうね」と言う声かけは習慣になるまで続ける。
    ●問題を解いて気づいたことのメモをそこに残したり、板書を写す時も自分が「覚えないとまずい」と思ったところに丸をつけている。そして気になったときに「確かあそこに書いてあったな」とノートを開き見返している。

    ●朝学習は単純作業で。何をどれだけやったかよりも、習慣やリズムを作る方に価値がある。
    ●計算練習は簡単なものから複雑なものへ。計算練習は正確さからスピードにステップアップするのが鉄則。
    ●小学生新聞は読み込むよりも情報と出会うツールに。

    ●子供は友達から学んで育つ。自分と似た存在なので、友達がしていることには興味を持ちやすく、自分もやってみようかなと言う気になりやすい。単に流されているのではなく、自分もやっているイメージが湧きやすい。
    ●友達の話が出たら、大人はいっぽ踏み込んで質問してみる→子供と友達の間の共通点を意識させてあげる。人は自分と似た人のことを好きになりやすいし、共通点を見つけると安心する。また、違い学びのチャンス。同じようにやってみたら自分にもできるかもしれないといった気づきにつながる。
    ●どんな時に褒め、どんな時に叱る先生か子供に聞いてみる。先生のことを理解することでチームを築いていける。
    ●個人面談では「我が家ではこう」と「何に気をつけたらいいでしょう?」をセットで。相談したいことがある時にも、「親としてもできることを知りたいので、教えて欲しいのですが」「先生の方で何かお気づきのことありませんか?」
    ●同調圧力→受け流す心を養う。親にできるのは、自分の子供がその子らしくいられるように、工夫して接すること。目立ちたくないから今回はいいやと言うならそれはそれで良しとして、学校以外の場所で自分らしさや個性を出せばいいよと提案する方法もある。またはフィクションの世界など。
    ●思ったことを言ってみる練習をする。(他のおもちゃをとってしまう子、遊びの間に入れない子など)ごっこ遊びの要領で練習してみる。
    ●平日に休みたいと言ったときの地域等のサポート体制を整えておく。
    ●今日1日不完全燃焼であまり面白くなかったと言う気持ちがあったりすると、もったいないような気がして寝られない、と言う場合もある。今日の出来事について軽くおしゃべりして、1日を総括することで、子供は安心して眠りにつけることもある。
    ●迷ったときは「子供の心の健康」を優先する。例えば寝る時間だけどテレビを見たがっていたら、それが本人にとって特別な喜びならば、見せてあげれば良い。気持ちの上で満足できると、体の健康にもつながる。計画を立てる時にも、まず遊びの予定を先に入れる。
    ●読書が教養を育む→人間社会に対する理解を深めていくこと全般
    ●怒りも不安も我が子への愛情から来ている。
    ●お母さんたちが叱りすぎるのは、3歳位まで命がけで子育てをしてきたから。その上で、その愛情を少しずつ意識して見守る力へと変えていく。

  • 見守る子育てのハウツー本。申し訳ないですが、新しさを感じませんでした、、、

  • 「見守る子育て」とは、子どものありのままの姿をよく観察し、その姿を認めて見守り、その子本来の力と可能性を引き出し育む子育てのこと

    本書は、その全体像を示してベストセラーになった著書『頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て』(KADOKAWA、2019年)の第二弾、2021年1月刊

    「自信」を持つ、「学びの技術」を得る、「習慣」を身につけるという「3つの原則」と、実際の場面に即した「43のコツ」を具体的に解説する

    ・時間が来てもゲームをやめようとしない子には
    ・クレーマー扱いされない相談の仕方
    ・「なぜ」はうまくいったときにこそ使う

    どのページを開いても気づきを与えられる

    《本書を読んで「今までしていなかったこと」に気づいたときに、ご自身を責めたり、反省しなければ……などと思わないでほしいのです。気づいたことがあれば、できるところから変えていけばいいだけ。一気に変えようとする必要もありません。》──「はじめに」

    親の子育ても「見守」られている感じがする、安心して読める家庭教育書

  • 大好きな小川先生の新作。"「見守る」子育て"第2弾。各項目が短くまとまっているので非常に読みやすいです。今作もあっという間に読み終わりました。

    【はじめに】に、"本書を読んで「今までしていなかったこと」に気づいたときに、ご自身を責めたり、反省しなければ……などと思わないでほしいのです。"という一文があります。こういう心遣いが小川先生の著書の素敵だなと思うところです。


    育児をはじめとする数多の悩み事に、私たち親は日々擦り切れています。とめどなく押し寄せる情報の波におぼれ、乗りこなすこともできず、何が最良かもわからぬまま、心底疲れ果てています。

    そんな私たちを、この本はページを開けた瞬間から優しく包み込んでくれます。


    "子育ての「正解」、それは子供が教えてくれる"


    この本はいわゆる「〇〇しないと損する!」「〇〇のときには△△」というような答えを与える類のものではありません。

    子どものありのまま、を見守って信じていこうというものです。

    なので、まずは肩の力を抜いて、温かい飲み物でも飲みながら、リラックスして読むことをお勧めします。



    前作の「見守る」子育ては、『頭のいい子』をkeyに根本的な心構え(認める、見守る、待つ)やtipsについて書かれていましたが、今回は、より根本的な子育てについて、日常生活における具体的なtipsが載っています。

    ゲームの目安時間(親がコントロールをする)や、どんな本でも読む意味がある(漫画やラノベしか読まないとしても)などは気になる方もとても多いと思います。

    頭ごなしにゲームは悪!とするのではなく、親御さんも一緒にやってみて何故子どもがこんなにハマるのかを体験してみるとよい、ということや、本を読むということはどういうことなのか、何故本を読むと良いのかということまできちんと理由が書いてあります。


    個人的に特に好きだったのは、”朝学習に執着しない””東京で子育てをするということ”の2つです。


    前者。我が子たちも朝学習にチャレンジしたことがありました。しかし、寝起きはとても良いのに、鉛筆を握るのは嫌そうでした。……というのでプリントの類は諦めました。

    ちなみに私自身はかなりの夜型で、朝がとても苦手です。私自身も過去に、何度も朝活に失敗しています。
    この本を読んで、朝活のメリットはあるけれども、それはそれ、で。出来るときにやればよいのかと思えました。


    後者。以前東京に住んでいた頃は、子供に対して、いかに最善のものや環境を与えられるかということばかり考えていました。
    今となっては本当に恥ずかしい話ですが、自分に自信がなかったのだと思います。だから、子供に与えることで、自分の自信のなさの埋め合わせをしようとしていたのかも知れません。

    私自身、東京に生まれ東京に育ち、小学校受験、中学受験、大学受験をし、そうすることが当たり前だと思っていました。

    今は引っ越しをして、別の都道府県に住んでいますが、金銭的な余裕も出て、心の余裕も出来ました。
    子どもが今日一日笑顔で過ごしてくれればそれでいいや、と思えるようになりました。


    最後の章に”まずは親御さんがありのままの自分を認めて、自分を許すことです。自分を好きになることです。”という一文があります。

    小川先生の本に出会うまではとにかく自分に自信がなく、自分のことなんて到底好きになれないと思っていましたが、
    今では少しずつ変われてきているような気がします。

    ”子どもと自分は違う存在で、それぞれに違っていて当たり前。子どもは子ども、自分は自分。”

    私の中で一番大切にしたいことです。
    子どものありのままを見守っていられるようにいつも心に余裕を持ちたい。

    これからまた何度もこの本を読み返すと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

教育家。見守る子育て研究所 所長。京大在学中より大手塾で活躍後、中学受験プロ個別指導塾を創設。6000回の面談で培った洞察力と的確な助言が評判。受験学習はもとより、幼児期からの子どもの能力の伸ばし方や親子関係の築き方に関するアドバイスに定評があり、各メディアで活躍中。『頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て』『子どもを叱りつける親は失格ですか?』(KADOKAWA)、『1日3分!頭がよくなる子どもとの遊びかた』(大和書房)など著書・監修多数。

「2021年 『自分で学べる子の親がやっている「見守る」子育て』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×