ダビド・ビジャのサッカー講座 試合で活躍するために大切な11科目

  • KADOKAWA
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046050885

作品紹介・あらすじ

「子どもたちにも、プロのスキルアップのためにも共通する、本質的なサッカースキル」とは? 世界を制し、魅了し続けるスペインサッカー。その中心で活躍したダビド・ビジャ自身がキャリアを通じて学び、実践してきたサッカーの原理原則を詰め込んだ、世界最高峰のサッカー実用書。世界中で効果的だと証明されているスペインサッカーのエッセンスを存分に反映したオリジナルのメソッドを大公開!

■イントロダクション 私がサッカーで活躍できた理由

■第1章 ダビド・ビジャの経験から得られた大切なこと
DV7が大切にする3カ条
人間的な成長も促す
世界展開から見えること

■第2章 うまいサッカー選手に必要な11科目
1)身体の向き
2)身体の使い方
3)個人技術1
4)Think before act(プレー前に考える)
5)チームメートとの協力
6)個人技術2
7)有用なドリブル
8)速い動き出し
9)コンビネーション(グループ戦術)
10)常に考えてプレーする
11)ポジショナルプレー(チーム戦術)

■第3章 ダビド・ビジャのような選手を育てるために
自ら考えて実行させる
結果よりも過程を大切にする
学ぶまで待つ
挑戦する姿勢をつくる
適応力を育てる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「サッカーに引退させられたくない。引退の時期は自分で決めたい。」と日本のJリーグを自身のキャリアの集大成として、まだまだやれると思われながらピッチを去ったダビドビジャ。あれだけの輝かしい実績を残してきた選手であるにもかかわらず、決して奢らず、真摯にサッカーに取り組む姿勢や言動や振る舞いから伝わる人間性は多くの若い選手のいいお手本になったのではないか。
    そんな彼がどんないい指導者になるのかと楽しみにしていたら、この本によるとこのDV7サッカーアカデミーを立ち上げたのは2015年というではないか、現役プレーヤーとして一線で活躍しながら、指導者への道筋をつけていたことに感心するし、日本のサッカー選手も見習うべきところがあるのではないだろうか。日本の場合はボロボロになるまで現役を貫く人が多く、それが美徳とされるような風潮があるが、ヨーロッパなどのトップ選手は引き際の大切さをすごくよく考えているように思う。
    現役を引退してからのほうが人生は長いのだから、J2やJ3とランクを下げてまで現役にこだわるより、ビジャのように潔く次のステージに活路を見出す人がいてもいいのでは、そういう人も少なからずいるにはいるが、もっと増えてくるとより日本サッカーのレベルも上がって、活性化するのではないかと思う。
    本書はプロのサッカー選手を目指す子供たちやその親御さんや子供を指導する立場の人を対象に書かれているが、1サッカーファンとしてもとても興味深く読めた。特に日本人プレーヤーの特徴を分析しているような記述には納得させられる箇所がいくつかあった。
    そしてタイトルにもなっている「試合で活躍するための11科目」はサッカーのみならず、語学のマスターや仕事のスキルや技能の習得、その他様々な学びに通じる内容であった。
    世界のトップクラスで活躍する選手を一人でも多く育てたいという夢に向かって歩み始めた彼の指導者としての活動をサッカー好きとして温かく見守っていきたい。

  • 自分が得意なことを見つけて、全力で取り組むこと。

    失敗を怖がらないこと。

    何でもそう言われるけれど、考えて→動く。
    そのスピードを上げていく。
    その繰り返し。

    車の運転と同じ。

  • 南アフリカW杯でのビジャのプレーに魅了され、そこから海外サッカーに興味を持つようになりました。
    ストライカー=エゴイストのイメージが強かったけれど、彼の魅力はプレーにおける献身性と、どんな時も周りへの感謝の気持ちを忘れない謙虚さだと思います。数々のタイトルを獲得し、2020年ヴィッセル神戸での天皇杯優勝というこれ以上無いほどの有終の美を飾りました。彼の華々しいキャリアも幼少期からひたむきに努力を積み重ねてきた結果なのだと思います。

    この本は、彼の設立したサッカーアカデミーのメソッドをまとめた一冊ではありますが、技術的な部分は現役時代のプレーを思い出させてくれますし、彼の人柄も感じさせてくれます。

    彼のアカデミーで育った選手がこれから世界で活躍するのが楽しみです。これからも応援し続けたいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする
×