日本一わかりやすい 「強みの作り方」の教科書

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 92
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046051844

作品紹介・あらすじ

圧倒的に人を惹きつけ、ビジネスで無双になる方程式は「ネガティブな過去」×「エビデンス」。欠点こそが一番の「強み」。過去の自分の弱みを認め、乗り越え、そして浄化できたときに自分の強みになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 《人を動かすのは「話し方」や「伝え方」ではなく「魂からの説得力」です。》

    2000人の人生逆転劇を演出してきた経営コンサルタントが、抱えている「トラウマ」を唯一無二の「強み」に転換し磨いていく方法を豊富な事例をもとに紹介する

    ・くせ毛に悩んできた美容室経営者が「くせ毛専門美容院」として再出発
    ・器用貧乏な建築デザイナーが「経営者の苦労がわかる書道家」へ転身
    ・エステサロンを倒産させた過去を武器に「サロン経営スクール」を開業

    など、18人の逆転劇に“起死回生”のヒントがつまっている

    著者自身も事業の失敗で1億円の負債を抱え自殺まで考えたが一念発起、「金のために命を絶つアホをなくす」べく中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身、経営の危機にある多くの“アホ社長”を儲かる経営者に生まれ変わらせている

    ベストセラーの前著『2000人の崖っぷち経営者を再生させた 社長の鬼原則』(かんき出版、2018年)に続く第2弾

  • 印象に残ったのは「ブログを1年間続けてみる」ということ。
    元々ブログ好きだったので、それが強みを発見するのに役立つというのは驚きでした。

  • 読み終わって自分の強みはわからなかった。これから掘っていこうと思う。ブログ一年続けられる何かを探そうと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1967年広島生まれ。1990年、洋服屋や複数の飲食店を開業し、事業を拡大するがヤミ金にも手を染め総額1億円の負債を抱える。さらに経営者仲間が借金苦で自殺したのを目の当たりにし一念発起。中小零細弱小家業専門の経営コンサルタントに転身。現在では、小さな会社の経営を安定させる「NJE理論」を指導するブログ講座を開催。これまで、2200人以上の社長が受講し、売上アップ、メディア出演による会社の認知度向上など多くの成果を上げている。著書に『2000人の崖っぷち経営者を再生させた社長の鬼原則』(かんき出版)がある。

「2021年 『日本一わかりやすい 「強みの作り方」の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

板坂裕治郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
スペンサー ジョ...
ひろゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×