いずれ死ぬ身、ド派手に生きろ

  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046052131

作品紹介・あらすじ

一度きりの人生、あの世に後悔なんて一つも持って行きたくない。
人生の主役は「自分」。
誰になんと言われても、やりたいことは全部やる!
私はそうして、何もない、弱い自分を変えてきたんだ。

***

絶大な人気を誇る唯一無二のギャルモデルは、その昔、「この顔で生きていたくない」と思うほど、強いコンプレックスを抱えていた。
人の目を見て話せない“陰キャ”。自分に何一つ自信を持てない。
そんな彼女を変えたのは「ギャル」だった。

ギャルメイクをすれば、コンプレックスがカバーできること。
髪を染めて、盛って、ギャル服を着れば、「なりたい自分」は作れるということ。

そうして、家族から白い目で見られても、学校でいじめられても、「自分らしさ」を貫いた彼女は、いつしか「ギャルモデルになる」という夢を見つけた。

壮絶なダイエット、貧乏生活、バッシング、治らない肌荒れ……。
夢に向かうまでの道のりは、決して順風満帆ではなかった。
でも、そのたびに努力と強い意志で乗り越えてきた彼女の「本当に叶えたい夢」とは?

理解されなくても、応援されなくても、それでもなりたいものがあるから、今日も全力で突っ走る!
自信ゼロ、コンプレックスの塊だった女の子が、唯一無二の人気モデル・YouTuberになるまでの軌跡をたどる、渾身のエッセイ。
生きてる意味の見つけ方、夢の叶え方、折れない心の作り方など、彼女自身が見つけた人生の法則も、まるっとご紹介!

読めばきっと、
笑って、泣けて、やる気になる。
なりたい自分、ほしいもの、すべて叶える秘訣ここにあり!

著者プロフィール

本名、岩本小弥加。1994年12月15日生まれ。福島県出身。モデル、YouTuber、インフルエンサーとして、ギャルや個性的で可愛いファッション、メイクを発信。商品プロデュースも行う。YouTubeチャンネル「うさたにパイセン/ギャルの教科書」をはじめ、各SNSで見せる飾らない姿は、多くの女性に勇気を与えている。また、2020年に幼少期からの夢だった福島県の観光大使に就任。「あったかふくしま観光交流大使」として、地元・福島の魅力も積極的に発信している。

「2021年 『いずれ死ぬ身、ド派手に生きろ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×