努力の習慣化

著者 :
  • KADOKAWA
3.40
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 51
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046053220

作品紹介・あらすじ

「Vプレミアリーグ最優秀新人賞」など、数々の記録をもつバレーボール選手・柳田将洋が、努力の習慣化する秘訣を公開。
柳田選手は、「生まれながらの努力家」だったわけではありません。子どものころは、「バレーボールを『やらされている』と感じることもあった」と言います。
そんな彼が、自然と努力を行えるようになったキッカケや思考法は何か? 目標設定、コミュニケーション、メンタルなど、あらゆる角度から「努力の習慣化」の方法論を説きました。
苦しいだけの努力は、もう終わり。誰でも「継続は力なり」を実感できる1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・感想
    高校生時代から知っている柳田選手が、どのように考えてバレーというスポーツに取り組んでいるのか。
    考え方をまとめた書籍。面白かったです!
    最後は自分で決める。
    ・Todo
    他人に選択させない。自分で決める。

  • 残念ながら著者のことを知らなかったが、本のタイトルで読んでみた。
    バレーボール日本代表という著者の考え方努力の仕方は
    脱帽するところがあったが、万人に共通する(再現性の高い)努力の習慣化ではなく、他にも運が必要になるような内容だった。PR用の本といった内容だった。

  • 何事もポジティブに、自分で決めることが大事。目標とされていた東京オリンピックでまさかの代表落ちと傍から見たらガッカリしそうな出来事も次の選択へのスタートを捉える、その姿勢が素晴らしいと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1992年、東京都生まれ。東洋高校では主将として全国高校選抜優勝大会で優勝。慶応大学在学中に日本代表に名を連ね、2014年にサントリーサンバーズに入団。2017年にプロ転向を表明すると、ヨーロッパにわたりドイツ、ポーランドのリーグでプレー。2018年、日本代表キャプテンに就任。2020年にはサントリーサンバーズに復帰した。チームの14年ぶりの優勝を経験し、自身もベスト6を受賞。

「2021年 『努力の習慣化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳田将洋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×