展望と開運2022

著者 :
  • KADOKAWA
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046053657

作品紹介・あらすじ

驚異の累計30万部突破! これ1冊で人生にもう迷わない! 【究極の人生指南書】

驚異の的中率を誇る爆発的大人気シリーズ。
この本と出会って「人生が変わった」「もう迷わない」と感謝の声多数!

仕事、健康、恋愛、お金、人間関係、マネジメント、社会情勢、転職・就職、目標達成、バイオリズム、政治、運勢、お悩み解決など、今日から使える未来の情報が満載!
「社会運勢学」の第一人者が、2022年の生き方・開運方法をわかりやすく指南。

【過去の的中事例】
2020年 「コロナショックによる大波乱」ほか
2019年 「米中貿易摩擦の激化」ほか
2018年 「南北首脳会談」「コインチェックのNEM流出事件」ほか
2017年 「閣僚の失言による辞任騒動」ほか
2016年 「イギリスのEU離脱」ほか
2015年 「中国・天津の爆発事故」「関東・東北における豪雨・洪水」ほか
2014年 「御嶽山の噴火」「飛行機事故多発」ほか
2013年 「原発の汚染水問題の深刻化」ほか
2012年 「尖閣諸島・竹島領土問題」ほか

毎年、数々の出来事を的中させてきた話題のシリーズ最新版。政治、経済、社会の展望を示すとともに、個人の開運を明快に指南する未来の解説書。

【ポイント】
本書は、一白水星から九紫火星まで星ごとに、年間のバイオリズム、運勢のポイント、マーケット&マネジメント、健康と恋愛、月ごとの運勢、そして吉方表など内容は深く細部にわたり解説しており、読み応えのある内容。他の運勢本と大きく異なり、個人の運勢だけでなく世界情勢から政治・経済を具体的に予測し、仕事や事業に有益な情報を今後の動向とともに解説。一般の方だけでなく、企業の経営者・管理職やビジネスパーソンまで使える必携の一冊。

著者プロフィール

シンクタンクマインドズーム代表取締役、仏教学博士、教育学博士。1948年新潟県柏崎の日蓮宗僧侶の家に生まれる。1998年に人間開発と企業経営のコンサルを行うシンクタンクマインドズームを設立。日本各地で「正法眼蔵」などの仏教哲学を基礎とした経営指導やビジネスマン向けのセミナーを実施し、各メディアで高い評価を得ている。海外にも熱心な支持者が多い。気学や易の研究者としても著名であり「社会運勢学」の第一人者。2018年5月逝去。毎年の『展望と開運』(KADOKAWA)はシリーズ累計30万部を突破。

「2022年 『展望と開運2023』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村山幸徳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×