夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓

  • KADOKAWA
1.50
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 28
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046054302

作品紹介・あらすじ

料理を極めた夫妻の共著『ふたりのごはん』のその後の日々の「食卓」を、ふたりの食談義とともにお届けします。
ホテル仕込みのメニューから、手作り保存食まで、レシピ50品も紹介。おもてなしや、記念日だけでなく、日々の豊かさには、「ひと手間かける」のが秘訣。
ある日の朝ごはんはホテルオークラが日本に広めた伝統の味、クレープシュゼットにいろいろ野菜のスープ。クレープシュゼットの家庭向けのレシピは初公開。
お客様とのランチでは、グリルチキンサラダとかぼちゃのポタージュ。
国際ホテルの厨房にて40年料理人を務めた夫とTVでもおなじみの料理家夫妻の手作り食生活は、楽しく豊かに暮らすお手本です。
二人で作って、二人で味わう、おいしい料理があれば、幸せな暮らしが続いていきます。

著者プロフィール

1941年、埼玉県生まれ。東京YMCA国際ホテル専門学校卒業後、ホテルオークラ東京の料理人に。開業以来50年にわたり腕をふるい、第四代総料理長(2001~2009年)を務めた。フランス農事功労賞シュバリエ賞受章。現代の名工受章。学校法人北陸学園理事。著書は『ホテルオークラ元総料理長のわが家でプロの味』(小社刊)『ホテルオークラ層料理長の美食帖』(新潮新書)など。

「2021年 『夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりの食卓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

根岸規雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×