91歳。一歩一歩、また一歩。必ず頂上に辿り着く

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046056474

作品紹介・あらすじ

「頑固なじいさんより可愛いじいさん」がモットーの道場氏。

あまり悩まないことが、健康の秘けつ。
一喜一憂しない。ストレスがない。
人生、なるようになるさ。

明るく前向きに生きるヒントが詰まった一冊です。


<章立て>
1章 流水濁らず、忙人老いず
2章 生涯包丁人 
3章 人生が変わる!鉄人の人付き合い  
4章 心は常に少年の如く  

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1章 流水濁らず、忙人老いず
    毎日4000歩以上歩く
    ―日2食の健服的な暮らし
    過去にとらわれず今を生きる
    今日一日がすべてと考える
    小さな勇気、小さな喜び、小さな幸せ
    想像力や考える力は衰えない
    YOUTube で新しいアイデアが次々と
    見られていることを意識する
    我慢の後には喜びがやってくる
    謙虚であることを忘れずに
    何でも書いておく習慣は大事
    流水濁らず、忙人老いず
    銀座が似合う男でいたい
    2章 生涯包丁人
    「身一っ」で生きてきた
    料理は「想いやり」
    段取りと整理整頓が大切
    聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
    献立は歳時記を踏まえた文学
    本物を見る目を養う
    前味、中味、後味
    伝統とモダン、料理は温故知新
    始末のいい仕事
    五味五感五法すべてを駆使
    時代の流れに敏感に
    便利な物は取り入れる
    3章 人生が変わる!鉄人の人付き合い
    世の中、上には上がある
    使われ上手で、なくてはならない存在に
    挨拶は、人間関係の基本
    チームワークがあってこそ
    時には「嘘の世界」を生きてみる
    きっぱり断る勇気も必要
    人問は必ずいい面がある
    交わりは進化なり、科理に限界はない
    自分らしさを身に付ける
    最後の晩餐は思い出と共に
    科理一代、悔いはない
    思い切った、僕の処世術
    第4章 心は常に少年の如く
    基盤となる仕事を究める
    はっと驚いて感動してもらいたい
    枠組みを狭くしてはいけない
    「出る杭は打たれる」だけど、
    踏ん張りところの根性
    基本を押さえて伸び仲びと
    幾つになってもときめきを
    頑固なじいさんより可愛いじいさ

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1931年1月3日石川県山中温泉に誕生。1948年、知り合いの魚屋で初めて包丁を握ったのを機に料理人を志し、銀座「くろかべ」、神戸「六甲花壇」、金沢「白雲楼」、赤坂「赤坂常盤家」で修業を重ねる。1971年「銀座ろくさん亭」を開店。1993年にはフジテレビの伝説的料理番組「料理の鉄人」に出演し、初代「和の鉄人」として名を轟かせる。そのほか、有明でのワールドカップ、香港決戦、1995年1月事実上の引退試合となった最強鉄人決定戦など、あらゆる料理対戦でタイトルを獲得した。2005年には厚生労働省より卓越技能賞「現代の名工」を受章、2006年園遊会に招かれ、2007年旭日小綬章受章(勲四等)。2021年「銀座ろくさん亭」を、50年続いた銀座8丁目から6丁目へと移し、91歳になった今なお仕事にゴルフにバリバリ取り組む。YouTube「鉄人の台所」ではひらめきの家庭料理を披露し、13万人以上のフォロワーを楽しませている。

「2022年 『91歳のユーチューバー 後世に伝えたい!家庭料理と人生のコツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

道場六三郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×