英傑の日本史 源平争乱編

著者 :
  • 角川学芸出版
3.30
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046210180

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・鎌倉初期は日本史上、5本の指に入る大変革期(戦国時代、幕末・明治維新、昭和20年、現在)
    ・源義経:日本市場初めてのアイドル・軍略の転載
     頼朝の目的が分かっていなかった。コミュニケーションに時間がかかる時代では、誤解が致命的
     怨霊信仰がアイドルの死によって判官贔屓になった
    ・中国では想定外の武士が主役になった>平清盛はそこでどうしたらよいのかモデルがなく分からなかった
    ・幕府とは仮説基地・テントのこと
    ・鎌倉幕府から武士の政治が始まり、大政奉還で終わる
    ・大政奉還後、朝廷はまず、讃岐の崇徳上皇陵に勅使を派遣。神霊を今日に迎えた上で、明治という元号にした
    ・突出した平和主義はかえって滅亡を招く
     アショカ王マウリヤ朝、第二次大戦のヨーロッパ
    ・江戸時代は弁慶の人気が高かった。義経は主君・兄に反抗したので。
    ・しばしば恨みが障害となって同盟はうまくいかないが、それを乗り越えて強者が手を結んだ時、時代が変わる:織田信長と徳川家康の織徳同盟、薩摩と長州の薩長同盟など
    ・平忠度薩摩守、国鉄の無賃乗車を薩摩守と言っていた:タダノリ
    ・平頼盛:平家で唯一の生き残り、池禅尼の息子
    ・武士の開拓した土地は、中央から見れば、違法な開拓地
     日本史上初めて武士の権利を主張したのが平将門
     源平の争乱は、「地方武士vs中央政権」

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1954年、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社。報道局在職中の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念。独自の歴史観からテーマに斬り込む作品で多くのファンをつかむ。著書は『逆説の日本史』シリーズ(小学館)、『英傑の日本史』シリーズ、『井沢元彦の激闘の日本史』シリーズ(ともにKADOKAWA)など多数。

「2018年 『天皇の日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

英傑の日本史 源平争乱編のその他の作品

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする