真実無罪―特捜検察との攻防

著者 :
  • 角川学芸出版
3.44
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046210197

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SKD事件と言われてもかすかに記憶に残る程度、でも特捜部ってどういう組織化を知りたくて一気に読みました。

  • 特捜もの。リアルです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1953年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、産経新聞社入社。90年、ハーバード大学国際問題研究所に訪問研究員として留学。93年、ゼネコン汚職事件のスクープで新聞協会賞を受賞。その後、司法記者クラブキャップ、警視庁記者クラブキャップ、社会部編集委員、那覇支局長を経て現職。主な著書に『報道されない沖縄』『真実無罪』(すべてKADOKAWA)、『「特攻」と遺族の戦後』『海の特攻「回天」』(共に角川ソフィア文庫)、『歪んだ正義』(角川文庫)、『電池が切れるまで』(角川つばさ文庫)がある。

「2017年 『爆買いされる日本の領土』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮本雅史の作品

ツイートする