神仏のかたち (梅原猛「神と仏」対論集 第1巻)

著者 :
  • 角川書店
3.22
  • (1)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046210210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 年末年始実家に帰省したまではよかったが、風邪を引いてダウンして
    しまった。その間に母親が図書館から借りてきていた本を横取りして
    読了。しかしここまで本の趣味がかぶるとはさすが親子ということ
    かな。

    内容は梅原猛の対談集。対談ゆえに決して深い内容ではないが、
    その分わかりやすく、読んでいて楽しい本であった。何よりもまず
    梅原猛のバイタリティーに驚いたな。老いてますます。これからも
    活躍を期待しております。

    しかし円空に宮沢賢治とまだまだ興味深い素材がいくらでもある
    もんだな(苦笑)。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

梅原 猛
哲学者。『隠された十字架』『水底の歌』で、それぞれ毎日出版文化賞、大佛次郎賞を受賞。縄文時代から近代までを視野に収め、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する〈梅原日本学〉を確立の後、能を研究。

「2016年 『世阿弥を学び、世阿弥に学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅原猛の作品

ツイートする