琉球は夢にて候

著者 :
  • 角川学芸出版
3.62
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046210715

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この話大好き

  • 尼子残党から羽柴秀吉の家臣となり、因幡国で大名となった亀井茲矩について書いた本です。

    亀井茲矩は琉球に憧れがあったようで、羽柴秀吉より琉球守を授かったこともあったようです。
    ただ、実際には琉球守という役職はないようですが。

    家康の時代になると、琉球への憧れから、幕府の朱印状を得て、南方への貿易を行ったりするのですが、もうちょっと著者がこの大名を取り上げた意図が分かると、おぉっとなったりするのですが。。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-d703.html

  • 亀井と余り聞かない、戦国武将が主人公

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1958年岐阜県生まれ。一橋大学卒業。1996年「一所懸命」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。'98年『簒奪者』で歴史群像大賞、2003年『月ノ浦惣庄公事置書』で松本清張賞、'04年『村を助くは誰ぞ』で歴史文学賞、'08年『清佑、ただいま在庄』で中山義秀賞、'14年『異国合戦 蒙古襲来異聞』で本屋が選ぶ時代小説大賞2014をそれぞれ受賞。『太閤の巨いなる遺命』『天下を計る』『情け深くあれ』など著書多数。

「2017年 『絢爛たる奔流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

琉球は夢にて候のその他の作品

岩井三四二の作品

ツイートする