美男子のお値段

著者 :
  • 角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046211101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 男女における風俗にかける期待の違いを書いてて、とても納得させられた。
    「俺でもできるんじゃないか」という思いをホストに抱いてしまうのは同性ならではという気がする。大きな夢を見たい、みたいな感じで。
    女の人は自己という存在の価値にシビアだからなー
    読みながら、「さびしいまる、くるしいまる。」「愛と資本主義」を思い出した。とくに金で愛を買う、のくだりでぱっと浮かんだタイトルでした。

  • 内藤さんの定義する美男子は、私の好みではないのだけれど、
    なんていうか、するするーっと読みました。

  • なにこれ、みんな著者の経験談だったり趣味だったりじゃない。と、思わないこともないけれど、著者の経験談がものめずらしくて興味深いのでした。
    DNAの話など、なんだかアホらしい説もありましたが、「男が自分を売る」ようになり、「異性へのサービスで身を立てる」ようになったという観察には肯首させられました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ケータイ小説家。代表作『いじわるペニス』は1日のアクセス1万件、累計アクセス70万件を記録し、新潮社ケータイ文庫始まって以来の大ヒットとなる。その他SNS関連書籍も執筆。『1日10分からのソーシャルネット入門』『夢をかなえるツイッター 』(共に技術評論)『3.11 心に残る140字の物語』(学研)。

「2012年 『たたかえ! てんぱりママ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内藤みかの作品

ツイートする